Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
光の4戦士その1
2009年 10月 31日 (土) 23:07 | 編集
光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-
(2009/10/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

何となくピンと来たので買ってみた!


(おそらく意図的に)ピコピコ音。(ちなみに音楽担当はFF11でおなじみの水田さん)
(おそらく意図的に)ヒントが少ない。
(おそらく意図的に)ギルが不足する。
(おそらく意図的に)ターゲットを選べない。


ユーザーフレンドリーなゲームかというとそうではないです。
宣伝文句の通り、少なめなヒントであちこち駆けずりまわって進めていた昔のRPGです。
迷ったり詰まったりするのは日常茶飯事。(さっきやっとウォータ見つかった)

シンプルにデフォルメされたファンタジックな世界を
吉田ちびキャラを忠実に再現したローポリのキャラがちょこちょこ動きます。
地平線が歪んで見えるのがとてもいい感じ。
初期FFにポリゴンなんて昔はなかったんだけど、
多分当時に3DCGの技術があったなら、やはりこんな感じで世界は描かれていたと思う。


そのほか特徴的な点としては
このゲームのバトルでは行動のターゲットを選べないんですが、
代わりに剣や斧なら前衛を攻撃、
槍、弓、魔法なら後衛を攻撃、
魔道士に魔法を全体化するアビリティを標準装備と、
それを補う要素があります。
なので、出現する敵に合わせて装備の種類を変えるのが効果的です。
ケアル系は一番ダメージを受けている味方がターゲットになるようなので、
全員がちょっとずつ減っている場合は、白魔法使いのいのるで全体化するのが〇です。
ぬすむは、まあ、がんばって;;

また、ターゲットを選ぶ手間がなくなるので
恐ろしくバトルが高速で進みます。
メガテンであるようなオートバトルのように、
入力したコマンドを自動で繰り返すこともできるので、
非常にサクサクと進みます。
1分で4回くらいバトルが終わることも。
イベント、バトルともに演出を簡素に、というコンセプトがあるらしいので、
このゲーム、手を止めている時間はほとんどありません。
プレイしててとても快適です。
ある意味、最近のFFに対するアンチテーゼなのかもしれません。

やりこみ要素はナイズル的なランダムダンジョンらしい。
この辺はとても現代的(笑)。


町を吹き抜ける風、
フィールドを駆け抜ける、次の国への旅、
王様の頼みごと、
決まってダンジョンの最奥にいるやたらと強いボス。
この辺を懐かしいと思う人にとって、素晴らしいゲームだと思います。
計ったようにベタです。それがコンセプトの一つだし。


そうそう、
セーブデータを読んだ直後の挿し絵と音楽が綺麗でついつい魅入ってしまうんですよね。
私はどうにもああいうのに弱いみたいです。
スポンサーサイト
ディシディア動画その7「ガンブレード使い ものまね×ご本人」
2009年 02月 14日 (土) 01:54 | 編集


需要あるんかいな、と悩みつつも、はや7個目。
編集も少々こなれてきました。
何気にガブラスVSセシルの再生回数が3000を超えたので、
もうちょっと続けてみます。
編集の仕方とか読みたがる人いるんだろうか。
要望があったら書こうかな。


やっぱりスコールはかっこよかった。
フェイテッドサークルもリボルバードライブもラフディバイドもやたらかっこいい。
攻撃を決めた後にガンブレードを肩に担ぐ動きがベタにかっこいい。
バッツ操作してたのに、完全に喰われてますね、これ…。


あれ、セフィロス…?
たぶん次はクジャ。だってさっき完成したし。
ディシディア動画その6「メテオ→ホーリー→メテオ→アルテマ」
2009年 02月 09日 (月) 23:59 | 編集

※重くて見づらい場合はクリックして飛んだ先で見るといいです。

ガブラスのアレを作って以来、なかなか自分の中でそれを超えられなかったので、
志向を変えて魔法キャラ同士の対戦を。
基本に忠実に、見やすい感じでまとめてみました。
相手はLv105最強ケフカ。

ティナはメテオ、メルトン、ホーリーで組み立てていくのがいいみたいです。
あまりに剣での斬り合いに慣れたせいか、距離感が違いすぎて使いこなせないですが…。

うん、次はセフィロスにしよう。
カオス勢にも花を持たせたいし。
使うキャラクターについて細々と。
2009年 01月 31日 (土) 23:47 | 編集
発売から1ヶ月ちょっとが経って、
いまだにあほみたいにやっております。
最近発売したアルティマニアに、ディシディア次回作については
「構想はあるけど予定はない」みたいな感じのことが書かれていたので、
次回作はまだまだ先のことになりそうです。
出すならカインは確定とか言ってたので、やる気だけは十分にあるようなので期待してみます。
ライトニング動かしてみたいしなあ。
ラムザとか、ディリータとか、ヴァンとかも。(何でヴァン出なかったんだろう?)
インターナショナル版は水面下で動いてました!なんて落ちも十分ありえますしね。
海外での発売もするみたいですし。

妄想はさておき。
よく使うキャラクターなんですが、
ジタン、セフィロス、ウォーリアオブライトが多くて
時々クラウド、シャントット、スコールのあたりに落ち着いてきました。

ジタンはEXバーストの連打がだるくなって、フォースを勇気にかえながら戦っております。
派生が使い勝手がいいので、これもなかなか強いです。
フェイントを交えながら飛び回る、リプレイ映えのいいキャラですよね。
ジタンはディシディア登場キャラの中でもクラウドやスコールに並ぶ人気キャラで、
動画も多く、いろいろな戦い方が研究されてるようですが、
私のジタンははね回りながら攻めまくるだけで特に芸はありません(笑)。
速すぎて時々何してるかわかんなくなるのが玉にキズ。


今月半ばから急浮上したセフィロス。
今日でFF7が出て12年なのですが、
目を疑うほどのものすごい成長ぶりです。(正宗がっ)
確かに長かったけど、昔はこんなに長くなかったよ正宗。
短く見積もっても3mくらいある気がするんだけどっ。
いつもどこにしまってるんだろ。
ジタンとは逆に牽制を交えつつ、中距離で待ちに徹する感じがよさげ。
当たると大きいぶんに、モーションがわりと大きくて、HP攻撃も派生技がないので、
攻め続けると当たらなくて反撃されて泣きます。高低差にも弱いし。
逆に反撃なら高低差はあんまり気にしなくていいし。
何気にEXフォースを集めやすいのが〇です。

それにしてもアナザーフォームの上半身裸に足が革パンツは
もはや誰が見ても変態にしか見えない。
さらにあれで刀もってるんだぞっ。↓こんな感じ。
DISSIDIA_FINAL_FANTASY_0021.jpeg

一部の女性の方は喜ぶかもしれませんが(笑)。
たわむれにこの恰好で戦ってる時の
ティナの攻撃の掛け声にある「来ないで!」というセリフが妙にリアリティがあって笑いました。



優等生で冷静沈着なライト君(デスノートじゃないほうの)ですが、
EXモードが攻撃も防御も強化してしまうため、やたら強くて、
特に攻撃面の強化である、光の剣による追加攻撃のヒット数がやけに多くて、
クリティカルの数字の黄色さと相まって、画面を黄色く染め上げてくれます。
そしてあっという間にブレイク。
弱くはない&メインストーリーで優遇されている彼なのですが、
実質ディシディアオリジナルキャラに近いせいか、
まだまだ愛用者がコスモス陣営の中では少ないようです。
うーん、最近ではDQですら見ないくらいに正統派に勇者なのにー…。
敵役のガーランドも最近見ないほどのごつい甲冑に渋い声、と
痺れるくらいにかっこいいのですが、あんまり話を聞かないのが残念。
二人ともかっこいいので時々でいいから思い出してあげてください。
ディシディア動画その5「物に当たる野良犬」
2009年 01月 14日 (水) 23:16 | 編集

地上戦と空中戦の詰め合わせ。
鬼気迫るガブラスのぶっ壊しっぷりに惚れてください。
壁に何度たたきつけられても、起き上がって向かってくる様はターミネーターのようですね。
常時EXだったのでリジェネの回復量が凄いことになってたからかな。
余談ですが、あまりに何度も聞いたせいか、
ガブラスの「邪魔だ!」が「山田!(キレ気味)」に聞こえてきました。
山田君、先生が怒ってますよ(何に)。

頑張って解像度いじってみたらびっくりするほどきれいになりました。
前はfmt18でしたが、今回はfmt22のHDバージョンなので。
いつの間にこんなにすごくなったんだ、YouTube。
もはや元のファイルとそん色ないレベルかな。
その分かも重いかもしれませんが…。
あまりに剣での斬り合いに慣れたせいか、距離感が違いすぎて使いこなせないですが…。
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。