Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラフターのややっこしいところを調べてみた日
2010年 09月 05日 (日) 12:37 | 編集
※こっそり追記
FF14は暗いところから明るいところに出るときにこんな感じで目がくらむ演出が入ったりします。

1283569313.jpg
リムサ・ロミンサの船着場から出てくるところがこんな感じ。芸が細かい。

さて、4つの職能の中で最もわかりづらい気がするクラフター。
あまりレシピが明らかになってないせいもあって取っ付きが悪いです。
(製品版開始前に情報をあまり出したくない?)
って、あ、SSとり忘れた。あとでSSつけよう。てことでつけた。

基本的な流れ
1.メニューから製作を選ぶ
合成1

2.材料を選ぶ(ギルドリーブの合成は注文書を押す)
合成4

3.主道具、副道具のどちらかを押す

4.作れるアイテムのリストが出るので選択
合成5

使うクリスタルもここで表示されます。
合成7

5.作業開始。選択肢は作業、突貫、入魂、経過観察。素材が壊れるか完成させるまで繰り返す。
合成8

6.画面の作業進捗のバーが100%になると完成。素材耐久度が0になると失敗。
合成9


完成時の品質が高くなるとHQ品になったり個数が増えたりするらしいです。
あと修練値・経験値にもボーナスがつきます。

製作する品によって主道具副道具を使い分けるのも重要です。
たとえば裁縫だと主道具が針で副道具が糸巻きなので、
糸を作るときは糸巻きを使ったほうがいい結果が得られます。
鉱物をナゲットやインゴットに精錬するときは、ギルドの施設を借りたほうがよさそう。

作業中の選択肢はたぶんこんな感じ。
作業:リスク重視と書いてあるので耐久度を下げにくい作業
突貫:コスト重視と書いてあるので、作業進捗を大きく上げる作業。たぶん品質は上がりにくい。
入魂:クオリティ重視と書いてあるので、品質を大きく上げる作業。進捗はあげにくい(はず)。
経過観察:見てるだけ。属性要素が不安定な状態のときに有効。無理やり作業すると悲惨なことに。

作業1回につきエフェクトとログで結果を知らせてくれるのですが、
どうやら大成功・成功・失敗・大失敗の4パターンあるようで、
光があふれてキラーンって音がしたら成功、
火のようなエフェクトが出て、ボンって音がしたら失敗。
進捗や品質、耐久度の変動が大きく変わってきます。
どうもスキルが低いと失敗しだすととまらなくなる傾向があるような気が。
合成の最中のエフェクトも、光と火花があるようで、
落ち着いて作業できてるのかどうかの隠しパラメータがあるかも。
作業のリスク重視はこの辺をさす可能性あり。

結局のところとりあえず完成させればいいなら、作業か突貫連打でよさそう。
ギルドリーブやHQ狙いなど品質が求められるときは
入魂をある程度混ぜる必要があるかと思います。
スポンサーサイト
引っかかりがちなことをまとめた日
2010年 09月 04日 (土) 01:22 | 編集
1283525631.jpg
ウルダハヽ(´ー`)ノ、途中エーテライトで一息つきつつも、
母国グリダニアから足ひとつでここまでやってきました。

道中よくわからない虫に1502くらって即死;;


戦闘不能後の対処ってわかりづらくて
倒れても何もでないのを見てパニックになる方もいるかと思いますが、
レイズを待たないなら、速攻でデジョンでOKです。アニマも消費しません。
突き返される先は普段のデジョンと同じく最後に寄ったエーテライトです。
衰弱状態なのでしばらくは無理しないようにすること。

新しいクラスを求めるなら、新しい武器を買う。ただそれだけでOKです。
必要なアビリティはその場で習得され、セットされるので安心です。


採集系クラスでアイテムを得るには、カーソルの正しい位置を探り当てることが重要です。
端がいいとかそういうのではないので注意。
入力を問われるたびに前回の手ごたえを表示するので、そこから正しい位置を探り当てましょう。
FF14oβ開始の日
2010年 09月 03日 (金) 00:30 | 編集
グリダニアからこんにちは('◇')ゞ
1283422077.jpg
今日からいよいよoβテスト開始です。
延期騒動で心配するユーザーも多かった中、
混雑しつつも、大きな混乱はなく初日を終えました。(23時にメンテになったけど)

サーバー名はcβまでの物々しいDFFカオス勢&闇の王から打って変わって
Cornelia(コーネリア)
Kashuan(カシュオーン)
Gysahl(ギサール)
Mysidia(ミシディア)
Istory(イストリー)
Figaro(フィガロ)
Wutai(ウータイ)
Trabia(トラビア)
Lindblum(リンドブルム)
Besaid(ビサイド)
と懐かしい町の名前が並びます。

結局Besaidサーバーを選びました。
海沿いの町っていいよね。
とかいいつつリムサ・ロミンサじゃなくてグリタニア選んだんですけど。

まだ具体的な感想をかけるほどはやってないのですが、とにかくグラフィックが綺麗です。
FF14はFF11同様基本的にいわゆる「ムービーシーン」がないけど、なくてもいいくらい綺麗です。
オープニングイベントはFF11と違って、いきなり戦闘なのでびっくりすると思います。


剣術士のサンシーカーではじめて、ちょっと幻術士にも浮気して、
両方ともLv3にしたのでちょっと魔法剣士っぽくなってます。
FF11の青魔道士のように、ポイント制でアビリティをセットするので、
FF11では厳しかった強力な魔法を使いこなす前衛キャラになれるかも。
たまには勇者やりたいしw
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。