Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lv29にして初の黒魔道士でのPT参加をした日
2007年 01月 28日 (日) 22:59 | 編集
昨日位に黒がLv29になり、この先どこに行くかを模索していたところ、
とあるサイトで黒ソロのLv30~50の空白区間をほぼ埋めていた方がいたので、
ここに来て黒でのPT参加禁止のリミッターを解除。
あと、この事で黒ソロLv75は恐らく可能だという事も証明されました。

なお、Lv20代は27くらいまで各地のミミズ、そのあとビビキー(弱いほう)でOKです。
あまりに予想通りだったのでこんな感じで手抜きな発表。



今日はたまたまビビキーでのらりくらりやってたら誘われたので、
ふらふらと吸い寄せられるように参加。

ただ、このClasseというキャラクターには重大な問題が。
たまに自嘲気味にサーチコメントに書いてあるので、
ひょっとしたらOdinの方で読んだ人もいるかもしれません。
移動関連が本当にダメなんです。

空× 海× 移送の幻灯0/6 
テレポルテヨトヴァズ× 
そもそもカザム・タブナジア・アトルガン×


自分で書いてて悲しくなってくるくらい×がついてます。
清々しいほどにいけない場所だらけ。
ソロのみでやってきたこともあって、サボりまくりです。
今回は見事にルテ×に引っかかってリーダーに連れて行ってもらう羽目になりました。
このくらいソロで出来るんだから、自分でやっておくべきでした…。


プチヘコミしつつも戦闘開始。
アルテパの人気者、カブトムシが獲物でした。
ここのところあまりやってないのでMBが鈍ったかなと思ったら、
本当に好きなものは鈍らないようで、体がしっかり覚えてました。
精霊魔法がしょぼい暗黒騎士でもたまにやってしまうくらいのMB狂は未だ健在。
Closeは暗黒騎士だけで精霊魔法スキル200を越しました。


今日の後衛は黒×2と赤だったんですが、
ある程度狩りが軌道に乗ってきたあたりで
湾曲にウォータIIにあわせた後にさらにウォータでMBを狙ってると、
他の二人もやりだし、ちょっとしたブームに。
効率優先の天晶暦1000年代のヴァナ・ディール。
時にはこんな見せ技も必要でしょう。
というわけで、2連携に6回MBするクレイジーなPTが完成。

エフェクトの乱れ飛ぶド派手さに違わず、
MBだけで700くらいのダメージが出て、
敵にもよるけどHP半分くらいをあっさり持っていってしまう破壊力でした。
強すぎて、敵の視線が釘付けになるので、逆に開幕連携とかは威力を抑えたり(笑)。



と言った感じでLv30を越しました。
帰りにはもちろんルテ石をとりました(スニーク無しで)
Cla070128183746a.jpg


ルテ×はこれで消せるな。
次はカザムの鍵でも取りましょうか。
スポンサーサイト
ミミズの話じゃない日
2007年 01月 20日 (土) 23:49 | 編集
Odinではただひたすらにミミズ生活。
寝ても起きてもミミズ。
ミミズとネームの高さが近いタルタルに魔法をぶちかましそうになる症状まで出てくる始末。
そんな渇ききったOdin生活に変化を求め、
慣れ親しんだペット狩りを青ではなく黒で挑戦。


獲物はビビキーの弱いほう(Lv29~31)のウサギ。
今までやってきた青では例えるならインファイト、相手が倒れるか自分が倒れるかの戦いでした。


しかし、黒は間合いを取りながら戦わないと非常にマズイ。
青よりもはるかに耐久で劣るし、詠唱時間も長い。
インファイトの対義語であるアウトボクシングというと多少語弊があるわけですが、
足止め用のジャブ、スリプルはほんと命綱です。
間合いを取ったら必殺のストレート、持ってるやつで最強の魔法を打ち込みます。
空蝉があれば多少は楽になりますが、
そんな便利なものはLv30になってない私にはありません。残念。


さて、実際にウサギと戦う時の手順を載せて起きます。
1.ストーンIIで釣る
2.後ろに下がりつつ、スリプル(詠唱止められても慌てずに)
3.ダメージを回復しつつ、間合いを取り直しストーンII
4.HP残り少ないウサギをすかさずエアロあたりでしとめる


ポイントはステップ3のところで落ち着いてスリプルのリキャストを待つ事です。
ストーンIIがレジストされると一気にピンチになるので、
常にスリプルを使える状態をキープする事が大事です。


そのほかリンクするウサギがいるので、退路をしっかり見極めないといけなかったり、
視野の広さを求められる狩りだと実感しました。
ちなみに敵の通常攻撃はヘッポコ装備の黒タルでも4、5回なら耐えられます。


今はビビリながらなのでチェーンがつながらないので時給はいまいちです。
ウォータII覚えれば2発でしとめられるので多少楽になるかな。
グラビデのある赤や接近されても怖くない青よりまだきつい気がします。
やっぱり本番は古代魔法を覚えてなんでしょうか。
Lv20~26のミミズを語る日
2006年 12月 16日 (土) 22:18 | 編集
あまりシャクラミと代わり映えがしないので語ってませんでしたが、
ここでLv26までの足取りをまとめておきます。

Lv20~22はコロロカ、Lv23~25はクフィムでミミズをやってました。
クフィムからはストーンIIを使ってくるようになるので危険度が激増します。
空蝉があればいいのだけど、そんなもんあるわけもないので、
ほとんど勘でかわしてました。
ここは経験でミミズの心を読むしかないです。
シャクラミ、コロロカとやってきた人ならきっとできる…ハズ。
とりあえず、1、2回魔法を当てたら下がる感じでした。


ヤバイと思ったらスリップダメージ入れて下がりましょう。
たまに黄色ネームになった瞬間に誰かに斬られてる事もありますが(苦笑)。


ちなみに獣巨人のリーチペットを狙うのも有効です(丁度くらい)。
レジなしなら魔法2発で倒せるはずです。
巨人のペットは比較的狩りやすいので
今後を見据えてここで慣れておくことをオススメします。
ミミズの生態学の日
2006年 11月 17日 (金) 22:09 | 編集
ミミズとじゃれあううちに彼らの生態について、かなり理解出来てきました。
基本的なものを含めて色々と列挙。

1.バトル中は移動しない
2.バトル中以外は定期的にもぐって移動する、ちなみに知覚は聴覚
3.渾身の一撃・土竜巻以外の特殊攻撃の射程は15mくらい(白・黒魔法の射程は25mくらい)
4.魔法の射程はPCのそれより5mくらい長い
5.至近距離でないとバインドは使用しない
6.魔法の習得レベルは白・黒魔と大体同じである(ストーン系とバインド・ストンスキン・ラスプ)
7.ラスプの使用頻度は結構高い、ゆえに非常にウザい
8.土耐性がある。雷属性は効かなそうで効くし、風弱点なのでアシッドボルトが入りやすい
9.別にミミズに限ったことではないが、ラスプを重ねがけしても効果時間が伸びるわけではない
10.これもミミズに限ったわけではないが、スリップダメージの効果があるうちはHPが回復しない


5は特に意外な事実。
ソロで3桁のミミズを倒してきましたが、
ただの1度もバインドを喰らったことがないんです。
黒より少し踏み込んで戦う狩人でもほぼ喰らう事はないでしょう。
私見ですが特殊技の射程である15m以内というのがどうやら条件のようです。
ちなみにバインドを喰らうとヒーリングしても回復しないので注意。
衰弱の時のように回復までヒーリングしても、ヒーリング時間としてカウントすらされません。
6の「大体」と言うのは、同じエリアの同名のモンスターの使える魔法は同じだからです。
具体例を挙げると、同じLv25でもコロロカでは使わないストーンIIをクフィムでは使って来ます。
まあ細かい話なので大体、でいいです。

かくしてミミズマスターになりつつありますが、そのうちペット狩りに移行しそうな予感。
後々アサルトでしっかり応用できるかもしれません。
コロロカにやっと降臨した日
2006年 11月 12日 (日) 23:20 | 編集
すっかりミミズのトリコとなっていたOdinのClasse君ですが、
意外なところで引っかかって足止めを喰らってました。
前に言っていたクエストで取る黒魔法も確かに障害ではあったのですが、
それよりも先に意外なところから邪魔が。

「実はチョコボクエよりタマゴをゲットするクエのほうが優先度が高い



これの何が問題なのかというと…、
Lv20になって命からがらジュノにたどり着き、
ジュノ厩舎のBrutusに意気揚揚と話し掛けるわけです。
するとタマゴクエのほうが先に発生し、チョコボを逃がしてやるわけです。
そんな事ぶっちゃけどうでもいいので、「いいから免許を」ともう一回話すと、
「チョコボを探して来い」と言った旨の内容の発言をするだけで、
件の虐待されたチョコボの話を一言もしないわけで。



ここで気づいてしまうわけです。
ジュノ→ラテーヌ→ジュノ→サンドリア→ジュノ
この長い旅路を徒歩でやらなければならないと。
ちょ、開発さん、マジですか?
さっきウィンダスからはるばる歩いてきたばっかりなんですけどっ。



往生際悪くエリアチェンジしたり日を変えてみたりしてもやっぱり無理で、
泣きながらジュノ→サンドリアへ徒歩で。
バタリアにしてもジャグナーにしても、あの恐怖の虎がいます。
バレたら逃げ切れません。死にます。というかほんとに1度殺されましたし。
もちろんスニークしかないわけで…。
1回配置がやばかったのでギルド桟橋からパージに乗って帰るという裏技をしたくらいです。


そんな苦行ののちにやっとバストゥークにチョコボで行く事ができ、
ミミズとの感動の再会を果たしたのでした。めでたしめでたし。
でもこれは修正して欲しいなぁ。

Cla061112115132a.jpg

copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。