Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皮算用をした日
2006年 09月 29日 (金) 22:46 | 編集
最近Odinでこっそり黒を上げてます(Odinでの活動は全てこっそりな気が)

なぜ黒魔道士を上げるのを思い立ったかというと…

「寂しがりタルのヴァナ膝栗毛」のちゃみさんほか様々な方が
黒ソロメリポ(時給6000~というからオドロキ)をやっていて、
Lv75でもソロレベリングを楽しめる数少ないジョブのうちの一つに黒があります。
そのかわりPTでは
黒の基本性能が現状のメリポPTの高回転命というスタンスと反しているため、
いらない子扱いという側面もあるのですが、
一人遊びが大好きな私にとってたまらなく魅力的だからです。
フレア2といったメリポでゲットできる通称古代2もすごい撃ってみたいし。


ならば自然とわきあがってくる疑問が一つ。
Lv75以外でのソロはどうなのか?と。
元々Lv75はメリポで上乗せされたり装備が充実する分、
Lv74よりもかなり上の戦闘能力になります。
だからLv75でできるからと言って、単純に全てのレベル帯でできるとは限りません。

ということでどこまでソロでいけるかをこれから検証してみようかと思ってます。
ミミズ、ペット狩りなどなどそれなりに目星がついてるので、
案外いけるのではないかと思ってたりします。
Ramuhでの活動の傍らなのでゆったりペースになるかと思いますが…。
Lv10超したらレポート形式でちょこちょことつけてみようと思います。
スポンサーサイト
忍者にジョブチェンジした日
2006年 09月 25日 (月) 22:00 | 編集
ここ最近の青魔でのLv上げでタゲを取りまくり、
サポ忍投入を決意することとなりました。
なにせLv40台にして
レッドロータス(60~80ダメージ)
→ジェットストリーム(100前後+核熱連携ダメージ)
→爆弾投げMB(120ダメージ)
と一気に400くらい削ってしまう為、即振り向きます(黒魔のガMBよりもダメージが上)。
幸い戦闘不能にこそなりませんでしたが、何度か三途の川の手前に立ち、
後衛の人に冷や汗をかかせてしまったので…。
ガルカならともかくタルなんでこの先このまま戦ってると命の保証がない、
と思い立ち、まずは放置していた忍者の習得。

で、念のため赤75のフレンドをつれてコロロカにいったんですが、
どうもソロで勝てたような気がしてなりません。
3匹出てくるんで、寝かせて各個撃破なんですが、
青魔法連発で1匹を1分くらいで沈めてしまったので、
ジュースでも持っていけば普通に勝てるかも…。


ちなみにサポ忍投入を決意した背景には空蝉の術の値段が下がった事があります。
壱、弐共に7月は40万強だったんですが、今は25万前後に収まってます。
業者対策万歳なのです(笑)。
RMTをしている人はとりわけ有用なアイテムにはギルに糸目をつけないので、
空蝉の値段の高さに少なからず影響していたかと思われます。
他の有用なアイテムも値下がり傾向があり、
今のデフレ傾向の中でも突出して値下がりしているように思います。
あとフレンドが紙兵の合成を請け負ってくれるというのも大きかったです。
ギルがかかるのでずーっと忍者育てるのを敬遠してたんですが、
ここに来て今更ながらに育成開始です。
悩み事に苦悶する日
2006年 09月 21日 (木) 23:04 | 編集
最近、悩み事があります。
アトルガン直後にイルルシ、ドゥブッカがめんどくさいんで放置してたら、
けったいなイカ魔道士(ソウルフレア)なんてものが追加。
スクエニから報告された時はふーん、位で特に気にもとめてなかったのですが、
ラミアの牙のカギがらみの変更で思い立って8月の終わりに行った時に、
奴の傍らを走りぬけたときに、しっかり見破られました。
サンダガ3直撃で1000位喰らって撤退させられ、また来週。
アラパゴにどれだけ見破り置いたら気がすむんだよ…。
トラウマになって未だに行ってません。

さらに追い討ちをかけたのがLinegodの青AF1。
監視哨全部回れという個人的に超過酷な内容。(ワープを開通させてたら10分で終わるが)
これで2回あの地獄を通り抜ける必要があるというわけで…。
っていうかCloseでも2個放置してますが、
Linegod、1個しか開通してないので5個は歩きです…。
誰か【助けて!】
生涯三度目のサポアイテム集めをした日
2006年 09月 20日 (水) 23:35 | 編集
Odinでひっそりと上げたClasseのLvが13になり、
「そろそろサポアイテムが欲しいな」とかサーチコメントに書き込んで、
ひっそりソロをしていると、Odin初のPTのお誘いが。
白黒赤まで集まったものの、ただの一人も前衛が集まらず。
こんな編成ではトライマライ水路には侵入できますが、
標準的なLv上げは望むべくも無いです。

どうしようもないので、
黒さんが気を利かせてセルビナ版サポアイテム獲りに変更してくれました。
黒さんが40過ぎの竜騎士に着替えてくるのを出迎えたら、砂丘に突撃。
白さんもサポなしだったので2つずつ獲ってもらいます。
いい人もいたもんだ。
でも、こうやってサポアイテムだけを狙うとドロップ率が落ちるのは
多分ヴァナ・ディールがマーフィの法則に法って回っているからでしょう。
出ないです、明らかに普段より。特にガガンボの腹虫。


調子に乗って殴りかかっていると、こんな感じに見事に死亡。
Cla060920153510a-2.jpg

結局黒さん改め竜さんのフレンドにレイズしてもらいました。
どこのサーバーでも事故死する体質に変わりはない様で。


サレコウベはグスゲン鉱山にてゲット。
うちらサポなし組は確実に足手まといになるので入り口で強化魔法スキル上げ。
竜さんのフレンドは引き続き手伝ってくれました。ええ人や。
ガガンボと比べ、割とあっさり出るサレコウベ。ちょっと意外。


そのあとは初心者プレイヤー多めのまったりPTやって落ちました。
緊張感がなくてこれもまた良いですね。
色々教えるのが楽しい。
余談ですが、トンボがガガンボの腹虫を余るほど落としました。
これは仕様なので、余り深く考えない事にします。
初めてのアサルトに困惑した日
2006年 09月 18日 (月) 22:16 | 編集
今更ながらに初アサルト行ってきました。
なんで今まで行ってなかったというと、
シャウトのだいたい95%が無制限(=Lv75制限に相当)だからです。
ふらっと行ってみようかな、なんてことは夢のまた夢。
何故そうなるのかは知りませんが(むしろLv60制限の方が人を集めやすそうだが)、
Lv69が最大の私には覚悟を決めて自分で叫ぶしか道は無いのです。


ということでこんなところでもオートリーダー発動。
今回は割とメジャーでLv60制限シャウトもちらほら聞く上に、
アサルトとは何ぞやという導入編にも最適な土竜作戦を選択。
交換アイテムも人気のものが多いせいかさくっと人が集まりました。
メンバーは暗モ黒赤。

Clo060918190827a-2.jpg

やる事は単純。
岩を叩き壊す。それだけ。
岩の防御力は尋常でないので、バイオ2や精霊弱体の重ねがけが好まれます。
ちなみに毒は無効らしい。
サポが白のままで来てメンバーにツッコまれますが、
前衛のクセに15で止まってるサポ戦をさらしたくなかったのはここだけの話。
いや、バーサクはあるから実用上は問題ないですけど…。
気持ちの問題です。
ちなみに精霊弱体狙いのサポ黒も有効なハズ。
暗黒騎士本体では暗黒とドレイン、バイオ2、アブゾタックが有効です。
ちなみにブラッドウェポンは何の役にも立ちませんので悪しからず。
他の前衛だと百烈拳とかマイティストライクが有効らしい。
むしろそれくらいしかないので、暗黒は割と恵まれてます。
世の中の暗黒騎士の皆さん、なかなかの桧舞台です。
こぞって参加しましょう。

さて結果は、残り1分でギリギリのクリア。
赤さんも初めてだったので動きがぎこちなかったです。(リフレかけてくれないし)
鑑定アイテムはビートルピアス。
何この中途半端なハズレは。
ネタにもなりゃしねぇっ!(苦笑)
パーティできない青、な日
2006年 09月 17日 (日) 21:48 | 編集
今日、初めてLinegodの青でLv上げPTに行きました。
行きましたって言っても、自分で誘ったんですが…。
NAさんなら3PT(非実用的なの含む)ぐらい作れそうなぐらいJPユーザーが余ってたわけで。
この他力本願な日本人め(笑)。
暗黒騎士出身、オートリーダー付きの私は気が付けば5人一気に誘ってました。


それにしても40超えてもソロって、阿部寛さんばりです。
まあ、意識的に組んでなかったわけではないんですけど。

今日のPTはLv41~42、ナシモ赤黒青(←これ私)。
何故だろう、連携が全く思いつかないや(苦笑)。
黒さん生殺しの予感がそこはかとなく漂ってます。
いや、前衛はこれしかいなかったんだってば(泣)。
一人連携で多少フォロー入れるので我慢してもらいましょう。
予想通り、連携は決めずに砂漠のOP前にてゴブ狙いでスタート。

当然、求められる仕事にヘッドバッドでの爆弾投げストップがあるんですが、
最初のうちはタイミング遅れまくりで、役に立たない子になってました。
途中で慣れてきたんですが、Lvが上がったメンバーも出てきて
より多くの経験値を求めカブト狩りに移行。
止めるべき技もないし、空蝉盾でもないのでテキトーにヘッドバッドを乱射。気楽。
この頃になってブルーバースト無しで
魔法系青魔法のMBを狙っているという、超初歩的ミスにやっと気付きます。
きっと何人かに生暖かい目で見られてた事でしょう。
これはイタすぎる。
なんで魔法なのにわざわざアビリティの力借りないとMBできないんだよ!
と、仕様に八つ当たりするLinegodの中の人。


ただこの頃になると慣れてきて、モンクの単発乱撃に、
レッドロータスとジェットストリーム繋げて核熱3連携にしたり、
ナイトの単発レッドロータスにすかさずジェットストリームぶつけてみたりと、
黒さんにはありがた迷惑なスクランブルな連携をやるようになってきてます。
私はこういう打ち合わせなしの連携がすごい好きです。
召喚の時もやってましたが(笑)。


なかなかパーティでの青も楽しいかも。
ブルーチェーンを使ってみたくて始めたんですが、
Lv75まで引っ張ってみるのもいいかな。


追記:面白いものを見つけたので紹介。
http://www.kachosen.com/FFXI/transworld.htm
ここまで完全に合成されると、逆に全てがCGに見えます。
素材はXBOX360のスクリーンショットでしょうか?
勢いでサンドリアランク2にした日
2006年 09月 16日 (土) 22:36 | 編集
今日はOdinでRamuhのフレンドに隠れてコソコソ動かしてるClasseでサンドミッション。
オークから斧奪って来いとか、墓荒らし調べろとか、
バス&ウィン人の私にはムカってくるくらいの高圧的な物言いに耐えつつ、
黙々と仕事をこなし(実は初めてやるのでなんだかんだいって楽しんでる)
ランク1のラストのミッションを受けます。
なんでも子供がさらわれたかもしれないので調べてこいとの事。
まずは棚から電撃の攻略本取って下調べ。


って、サンドってランク1でBFあるんですか!?
ソロばっかりでBFに免疫が無くかなりビビる私。
部屋の片隅で震えていても仕方が無いので、やられるの覚悟で突撃。
ちなみにこのときのレベルは赤10。
昔、竜騎士を取りに行った場所でご丁寧にオーク3匹でお出迎えされました。
1対1のタイマンに慣れすぎているため泣きたくなる私。
こういうときはなんとか1匹だけ釣って…と思ったら、
しっかり3匹同時に反応しタコ殴り、連続魔で対抗するも空しく撲殺。


しかしどうやら3体のうち2体は狩人らしく、ダメージも大したことが無いので、
1.強い1体を他から引き離してバインドから精霊乱射のコンボでさっさと沈める
2.残りの2体を各個撃破
と言った感じで落ち着いてやれば勝てそうかな、と分析。
バインドは赤はLv11で覚えるので、レベルを上げて再挑戦しました。
結果は無事勝利。連続魔は必要なかったです。



こんな感じに無事にランク2になれました。
1からってのもなかなか楽しく、モチベーションが高まってます。
長く滞在する事を考えてどこかLSに所属しようかなとか少し考えてます。

P.S. Odin、魔笛獲られてました。
続々・カルシウムに剣を突きたてた日
2006年 09月 15日 (金) 23:08 | 編集
今日も青ソロで古墳の骨です。
まるで昔に戻ったようで懐かしい気分です。
昔と違って周りは閑散としてますが…。


前回は、呪詛の凶悪な効果の前に散ったので、
今回はマイフェローのベアトリスさんを連れてきてみました。
すごい久しぶりだ。まだLv37だし…。
ケアルIII狙いで回復タイプでの参戦です。
もちろん先日言ったカーズナを持っているかどうかの検証もかねてます。


で、雑感。
かなりいい感じに安定してます。時給2000位は行ったでしょうか?
やはりケアルIIIでの援護は心強いかったです。
青ソロって基本的に青魔法乱射で攻めて攻めて攻め勝つのが基本戦法なので、
ケアルで守りに入ると結構もろいんですよね…。
そんな青ソロの弱点をしっかり補ってくれるのがいい感じ。
あとプロテスIIとかシェルIIとか地味に嬉しいし。
で、問題のカーズナですが、ちゃんと持ってました。
↓証拠写真
Lin060915201003a-2.jpg

イレースはもってないから(※治癒タイプは持ってる)かなり疑ってましたけど(笑)。
のこりの聖水どうするんだこれで完璧に安心です。
続・カルシウムに剣を突きたてた日
2006年 09月 14日 (木) 22:15 | 編集
長々とノーグ前に居座ってましたが、Lv41になったので場所換え。
次はあの懐かしい骨骨ファンタジーの舞台だった古墳。
ジュノから一番遠くの位置にある山に入ってひたすら骨と戯れあいます。


が、Lost Soulの魔法タイプって呪詛持ちなんです。
あまりに久しぶりすぎてここ3年くらい忘れてたわけで…。
ご丁寧にもHP max、MP max、移動速度ダウンの3本立てなので、
バトルが一気に劣勢になるどころか逃げさせてもくれません。
何とか勝っても治療手段が無かったので、泣きながらジュノに引き返しました。

で、聖水なら治るかな?とか思って説明を見たら、
「ステータス変化『呪い』を治療する秘薬。」
とか超微妙な解説を書いてやがるわけですよ。
悩んだ挙句、とりあえず試してみる事に。




で、使ってみたら…………………………………、





治りました。治らなかったら余りの11個どうしようかと思ってました(笑)。


そのあと聖水持って意気揚揚と戦いに行ったら、
攻撃の一発目に呪詛喰らって、サクっとやられました。
安定して狩るには回復フェローの出陣がいりそうな予感…。
そういえば、彼らはカーズナ持ってるんですかね?(イレースは無いらしい)
要検証です。


ちなみにフレにOdinでチマチマ遊んでるって言ったら、意外にものってくれました。
彼も他のサーバーが気になるらしい。
あと、序盤でフレンドに頼ったので~というくだりも同じように思ってたらしく、
彼もよそで遊んでみようか考えているみたいでした。
「飛空艇のるぞ!」とか盛り上がってましたがそこまで行くんでしょうか?


P.S.安い安いと言ってたOdinの土クリが1D 2000ギルになってました。これで安心。
Odinに出かけてみた日
2006年 09月 11日 (月) 23:12 | 編集
今日は2連発で書きます。
急によそのサーバーを覗いてみたくなって、どこぞの掲示板に転がっていた
Odinサーバーのワールドパスの余りを貰い、Odinに出張してきました。
メインキャラのCloseを文字るかんじにClasseと名づけてみました。
Cla060911173604a.jpg

ちなみにOdinに知り合いはただの一人もいません。
だから誰かに呼ばれてきたわけでもなく、勝手に…。
昔、Pandemoniumサーバーでほんの少しだけ旅をした事があるのですが、
その時起きた発作が今になって再発(笑)。
サーバーごとの微妙な違いを調べるのが結構好きなんです。

ということでRamuhとOdinの違いについて
主に10分くらい覗いたサンドリアの競売を中心に語ります。
まず当たり前なんですが、競売付近にいる寝バザキャラが全然違います。
名前を出すとまずいかもなので、Ramuhに住んでる人にだけに分かるように言うと、
Ramuhだと特産品の近くにタルタルだらけのタルタル横丁があったり、
ゴブリンをかたる謎の寝バザキャラがいたりするんですが、
Odinに彼らがいるわけもなく、Ramuh出身の私にとって違和感バリバリです。
さらにRamuhでは1D 1500~2000ギルと比較的高い部類に入る土クリが、
Odinではたったの1000ギル。
たまたま安い時期なのかもしれませんが、土クリで稼ぐつもりの私には大打撃です(泣)。
さらにサンドリアのモグハウスの裏道クエでつかうマーガレットは、
Ramuhでは400ギル程度ですが、Odinだと1000ギル。た、高い…。


前みたいにさっさと消えてしまうのももったいないかなぁと思ったので
Lv上げがてらロンフォールにお出かけ。
Ramuhでは初心者の時にフレンドの助けを借りまくっていたので、
一度スクウェアの想定した初心者のスタートを体験してみたいというのもあります。
赤魔道士をやらせてみようかとは思ってたんですが、
あえて初期ジョブを戦士にしておきました。
なので最初にオニオンナイフとディアではなくオニオンソードを持ってスタート。
序盤は確実に片手剣のほうが短剣より使えるし、という計算。
ただ、当然魔法を持ってないので、まず魔法代を何とかする必要が…。
なのでLv3まで魔法なしで上げるハメに。
前述の通り、競売でならRamuhより安いとは言え序盤では十分な銭が手に入るんですが、
競売って誰かが落札しないと当然ギルは入ってこないわけで…。
ということで明日の1000ギルより今日の100ギルを得るために、
ウサギの毛皮とかコウモリの翼のクエをクリアしました。
ある程度プレイが軌道に乗ってくると、明らかに競売で売ったほうが高いので、
名声上げ以外ではあんまりこの手のクエストをしないんですが、
始めたばっかりだとそれでもすごいありがたいです。
なるほど、あの割に合わない報酬も多少は意義があったんですね。


で、ディアとケアルとストーンをめでたく購入して落ちました。
Odinにもう少し滞在してみようかと思います。
一人連携、一人MB、な日
2006年 09月 11日 (月) 22:33 | 編集
引き続きノーグの入り口にて青ソロで骨とカニと戯れ、
ついにLv40になり、ブルーチェーン習得!
ということで一人連携をやってみました。
連携は「レッドロータス」から「ジェットストリーム」の核熱連携。
さらに「爆弾投げ」でMB。
ブルーチェーン、ブルーバーストは前もって使っておいてOKらしい。
Lin060911164344a.jpg

連携、MBマニアとしてはたまらないですねぇ。
召喚士でも一応できるんですが、自由度と実用性ではこっちの方がはるかに上。
ここからさらに楽しくなってきそうです。
カルシウムに剣を突きたてた日
2006年 09月 10日 (日) 21:47 | 編集
Lv39に上がってからしばらく青ソロ封印、なんて気弱な事を吐いてましたが、
とりあえずやれるだけのコトはやってみようと、ノーグの入り口にて、
陸に上がった水棲甲殻類と踊るカルシウムを相手に戦ってきました。
まあ要はカニと骨なんですけど。

で、感想。
カニはガチガチに堅くてマズいです。
黒とか暗だと絶好の獲物なのですが、
物理攻撃主体な上にMP吸収キッスが使えないこともあって(Lv不足)、
「強そうだ」な相手だと3回寝かしてやっと勝てる有様。
逆に骨なんですが、「メッタ打ち」と「怒りの一撃」でキラー効果が得られて、
格闘属性の「ヘッドバッド」「メッタ打ち」「ジェットストリーム」のダメージが
非常に大きくなりかなり楽に倒せます。
Lv+2くらいなら許容範囲です。
魔法タイプのガを必死にヘッドバッドで止めましょう。
それだけで勝てます。回復もほぼいりません。


ということで、もう少し青ソロを続けることにしました。


ちなみにこのノーグ前の狩り場、意外と人通りが多いので、
ヒーリングしてたら辻ケアル、辻プロテスは当たり前のようにもらえ
地面に突っ伏してたらものの5分もあれば誰かがレイズをくれます。
ソロをやってるときは誰も来ないような辺鄙な所にいるので、
通りすがりの方のやさしい心遣いというものに久しく触れることもなく、
信じられるものは己が力量とリレイズピアスだけで、
ほとんど誰にも頼れません(むしろすれ違いすらもしない)。

今日もストンガIIの高破壊力の前に華々しく散ったわけですが、
2分でとおりすがりの赤さんが来てレイズをくれました。
ほかにもすれ違いざまにケアルをくれる人も何人も見かけました。
そのたびに私は深々と/bow。
この世界も捨てたもんじゃない、なんてぼんやり思うのです。
Guppynさんに憧れた日
2006年 09月 09日 (土) 23:25 | 編集
最近、殴る白のカリスマ、電撃の旅団メンバーGuppynさんに妙に憧れてます。
私も当初始めた頃(4年前)は白だったんですが、
当時マクロに<st>がないので(殴ってると敵にしかマクロが発動しない)、
「白が殴るなんてとんでもない、後ろに下がってなさい。」
てなかんじの風潮だったわけです。
そんな攻撃参加の面では抑圧された時代に白をやっていたので
内に秘めたバイオレンスな衝動を抑えきれず、暗黒に転職しました。
そして超不遇な暗黒の暗黒時代(一発でTP5たまる時代)をすごすわけですが、
本筋から大幅に外れるので割愛します。

時代は移り、
マクロの代名詞にも<st>が実装され、
開発さんからも「白も殴れば?」といわんばかりの装備をよこされ、
さらにヘキサストライクとスピリットテーカーといった高性能WSも実装され
かつての殴っちゃダメの風潮は消えつつあります。
また狩りの対象も
殴りかかると危険な範囲静寂の敵なんかとは今となってはまず戦わないし、
危険な範囲攻撃のある敵はそもそも忍者が嫌がるのでやはり避けられ、
大抵殴っても問題ない敵がほとんどです。
殴る白をやるのに機は熟した、のかも。
なんか無性にやりたい。
サチコメに「殴りまーす」って書いて久々に白でLv上げに行ってみようかな。
暗黒を69にした日
2006年 09月 09日 (土) 00:18 | 編集
今までもやっていた事なのですが、今日もLinegodで青ソロ。
今、ヴァナ・ディールでひそかに流行っているペット狩りです。
東アルテパ砂漠のTraderなゴブが可愛がっている(と思われる)、Spiderをこっそりと裏に誘い、
ヘッドバッド、メッタ打ち、怒りの一撃を食らわせ手早く消します。
最近、自分のやっている事がヤキ入れテイストなことが気がかりですが、
世間の青魔道士の皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

仕事の内容はさておき、これはソロながらなかなか見入りの良い仕事で、
チェーンしたりとか、PTさながらの稼ぎが叩き出せます(時給3000くらい)。
が、本体のゴブさん(必ずと言っていいほどとてとて)にバレると、
惨殺される事が多いので、リスクも高いです。
世の中そんなもんなのです。
現に24くらいから39に上げるまでに20回は戦闘不能になっております。
このペット狩りをやるに当たっては
「ぺってん」なる優秀サイトがあるので結構参考にしてやってます。
世間の黒、赤、青、獣、からくりをソロで上げたい人にオススメなので試してみてほしいです。
びっくりするくらい稼げる上にびっくりするくらい死にますから(笑)。
ちなみにLv40~50くらいは空白部分が多いので青ソロをしばらく封印する事になりそうです…。


他にもタイトルにある通り暗黒を69に上げたんですが、
ビシージでの経験値によるレベルアップだと
「Level Up!」の文字もなくFFおなじみのファンファーレがならないので、
至極味気ないものでした。
とは言え、一つ上げればすぐにMaatとの対決が待っています。
ようやくここまでめぐりつきました。
時間がかかりすぎな気もしますが…。


あとフレンドがゼニスミトンをゲットしてました。
なんか知らないけど多分凄いアイテムなんだろうなぁ。
どうでもいいけど、ゼニス(Zenith)って天頂って意味なんだそうな。
何はなくともご挨拶
2006年 09月 08日 (金) 23:51 | 編集
まずはご挨拶。
FF11をやって5年目にもなって未だにMaatに挑んでないという、
亀(クゥダフ)よりも遅い足取りでやっております。
夕方のFF11のRamuhサーバーのジュノやアルザビで
CloseやらLinegodとかいった名前を見かけたら私です。
もし見かけたなら/pointで後ろ指差したりとか、
何の前触れもなく/slapとかしてやってください。
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。