Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の近況を語る日
2006年 12月 28日 (木) 23:52 | 編集
最近時間がなくて、あんまりログインできてないので、
日記も書く事がなかったりして。

最近やった事。
・デルクフのエレ退治で金策。
光エレでて結構さっくり10万くらい稼ぎ出しました。
これで行けるかな、Maat戦。

・忍/獣ソロ
ゴゼビの野草ねらいでメリファトでチマチマと。
何個か自分で使う羽目になりましたが(苦笑)。
そんな感じで20から1つ上がりました。


そんな感じで4日過ごしました。
スポンサーサイト
用件は手短に、の日
2006年 12月 24日 (日) 21:41 | 編集
師匠に負けた、それも2回。




なぜかは良く分からない。
というより、こちらに落ち度はほとんどない(はず)だ。




推定勝利条件
できるだけダメージを与える(残り3割程度)+WS3発を叩き込む。
もしくはHPを0にする。


1回目:
マクロミスでイカロスウィングで溜めたTPをゴッソリ無駄にするも、
残り10%まで追い詰める。でも降参せず競り負け。3発目が撃てなかった。

2回目:
バッシュを運良く回避できて、WS3発撃てれば勝ちだろうと思い、
実際にそれを達成した。
ブラッドウェポンも綺麗にいなした。
でも何故か敵のHPを60%残したまま憤死。
ドレインでHPを回復された為だと思われる。
吸い上げられまくりでした。
1回目と同じ動きをしてくれれば…。





Maatって本当に降参するのかなぁ…。
そこから疑いたくなってきたなぁ。
証取り手伝ってくれた人にこのままでは申し訳が立たない。




で、色々考えた結果、
こちらに対して不都合なあらゆる事象はギルパワーでねじ伏せる事にしました。
年末は時間がないから証取りに行く時間があまり取れないので…。
バイルエリクサーとそのHQの二本で、
どんな理不尽な展開でも一発で勝ってやる。

という事で年末は金策してます。
見かけたら恵んでください。
バイルエリクサー+1は10万しますので。
バトン泥棒
2006年 12月 21日 (木) 22:39 | 編集
みっくすさんのところからバトンを勝手に貰ってきました。
昔語り中心でお届けいたします。

1.バトンを渡す人を3~5人決めてください。
欲しい人持ってってください。

2.渡す人の紹介文などを書いてください。
持っていく人がいれば書こうかな。

3.あなたのお気に入りの場所はどこですか?
ル・ルデの庭かな。静かで便利な場所です。
昔は人でごった返してて、カクカクなってたのも今やいい思い出です。

4.ヴァナディールで恋人はいますか?
スシと獣人ペットがコイビトです。

5.FFXIを始めたきっかけは?
当時ファミ通にいた永田さんの日記を読んで、やるしかないと突発的に開始。
2002年8月上旬の事でした。
彼の日記は今でも目標であり、理想です。
今でも何となく開いて読んだりする事があります。

6.あなたの名前の由来は?
☆Close
FF11開始前後に開かれた日韓W杯で鮮烈な活躍をしたドイツ代表クローゼ選手から。
つづりは本当はKloseが正しい。
☆Linegod
スターオーシャン3の主人公の苗字からとりました。
青髪みて何となく決定。
☆Classe
イタリア語で「超一流の選手」を表すfuori-classe(フォーリクラッセ)から。
名前負けとか言うな。ちなみにCloseと名前を意図的に似せてます。

7.あなたはどういう理由でキャラを選びましたか?
何となくその日の気分で決定。
いつかはミスラを動かそうかと思って、何度も思いとどまって今に至ります。

8.あなたのおすすめ金策法は?
ソロレベリング。
勝手に微妙にお金が溜まり、それでいて作業にならないのが○。
大もうけは出来ませんが。

9.あなたのFFXIでの真の目的は?
全ての役割(盾・アタッカー・ヒーラーetc)を
一通り危なげなくこなせるプレイヤースキルとジョブレベル。
オールラウンダーなプレイヤーになってみたいです。
いそうでいないんです、そういう人。
脈絡なくジョブをあげてるのはそういう意図もあったりして

10.最後に、バトンをもらった人への一言を。
唐突にかっぱらわせてもらいました。
サーバーは違ってて実際に会う事は出来ないですが、これからもよろしく。
ニンジン大作戦の日
2006年 12月 20日 (水) 23:02 | 編集
大作戦というほどのものでもないのですが、
新青魔法の一つ、ワイルドカロットのラーニングに行ってきました。


ケアル2.8(くらい)とも言われる程よい性能に期待は膨らみます。
ちなみにこれプロマシアエリアのウサギしか使ってこないレア技です。
ロンフォとかサルタとかでは永久に使ってこないので要注意。
該当エリアで一番弱いビビキーのウサギの元へ、レンタルチョコボで急行。

≫ "ニンジン大作戦の日" の続きを読む...
ヤバイなんてもんじゃない日
2006年 12月 19日 (火) 23:21 | 編集
Lv75になれない私にはサルベージも縁遠い物なのですが、
それでもサルベージがらみの新装備にはびびりました。

でも細かい性能を書き並べるのもだるいので、ほかで確認してください。
あまりに強烈な性能なので、
あちこちで歓喜の声をあげる人、パニックでシャウトする人、今までの装備は?と不安になる人、
絶対裏があると疑心暗鬼になる人、まずは皮肉るのが礼儀と開発さんにケチをつける人、
色々いてそっちの方が面白かったりして。
バージョンアップの悲喜こもごもはオンラインゲームの醍醐味の一つです。


これらの装備は防具版レリック武器(段階強化があるらしいし)と言った位置付けでしょうか。
レリック武器並にレアな存在になりそうな予感。
というか、こんな物やすやすと手に入ってたまるかっ、
そう思わせるぶっ壊れ性能。
でも、夢があるのはいい事です。夢で終わる人も多いでしょうが(笑)。



こんな時、迷う事無く旧レア装備を狙うのが私の生き方です。
色々安売りされそうなので楽しみです。(売れないのも多いけど)
この隙に裏に遊びに行くのも一興。
スコピオハーネスやバーミリオクロークもこういう感じで
庶民に何とか手の届く装備になったという経緯もありますし
栄枯盛衰、諸行無常はこの世界のアイテムにも当てはまるようですね。
恐らく従来エリアにも時間差で追加・変更が来るでしょうから、
今の混乱状態は続くと見ていいでしょう。
これからこの世界のファッション事情がいかに変わるか、見ものです。
ついにLv70になった日
2006年 12月 17日 (日) 23:07 | 編集
今日も、先週と同じようにPTを組み、
4年越しの夢をついに果たしました!
ついにCloseもLv70。
たどたどしい手つきでナマクラ両手剣を手にして早4年。

横をものすごい数の後発組冒険者に追い抜かれ、
途中微妙に飽き、
なんか気がついたら倉庫(Linegod)がLv50を越し、
むしろログイン時間も逆転され、
リアルのクローゼ(ドイツ代表、ブレーメン所属)がW杯得点王とっても全く触発される事もなく、
それでも辞める事なくのろのろLvを上げ、
やっと…です。

ジャンプ力の高いサッカー選手をモチーフにしたんだから、
竜騎士上げりゃ良かったかな?

いやなんでもない。


Maat爺、首を洗って【まってろ】!
≫ "ついにLv70になった日" の続きを読む...
Lv20~26のミミズを語る日
2006年 12月 16日 (土) 22:18 | 編集
あまりシャクラミと代わり映えがしないので語ってませんでしたが、
ここでLv26までの足取りをまとめておきます。

Lv20~22はコロロカ、Lv23~25はクフィムでミミズをやってました。
クフィムからはストーンIIを使ってくるようになるので危険度が激増します。
空蝉があればいいのだけど、そんなもんあるわけもないので、
ほとんど勘でかわしてました。
ここは経験でミミズの心を読むしかないです。
シャクラミ、コロロカとやってきた人ならきっとできる…ハズ。
とりあえず、1、2回魔法を当てたら下がる感じでした。


ヤバイと思ったらスリップダメージ入れて下がりましょう。
たまに黄色ネームになった瞬間に誰かに斬られてる事もありますが(苦笑)。


ちなみに獣巨人のリーチペットを狙うのも有効です(丁度くらい)。
レジなしなら魔法2発で倒せるはずです。
巨人のペットは比較的狩りやすいので
今後を見据えてここで慣れておくことをオススメします。
フェローと私、の日
2006年 12月 15日 (金) 22:03 | 編集
フェローとコロロカで仲睦まじくレベル上げをしておりました。
Lin061215001405a.jpg



なんか無性にLinegodの戦士を上げたくなって、
でも射撃のスキルが全然たりてないのでソロだとただ殴り倒されるだけかな、
と思ったので久しぶりにフェローのベアトリスさんに出動願いました。
このフェローは今は辞めてしまった昔のLSメンバーのそっくりさん。
彼女は元気にしているだろうか。


ふたりだと経験値200のミミズ(Lv+3)も何とか倒せる上に、
連戦をこなしてチェーンできるので、
さくっと40分で指輪の効果を使い切ってしまいました。
フェローいるだけで全然違いますねぇ。

そういえば、昔フェローを駆使してナイトをソロで37くらいに上げたっけか。
昔の知識を総動員して、戦士と忍者あたりをさくさくっと37にしてしまおう。
年末忙しいし、こういうソロ活動でコツコツやろうかな。


ふと考えてみると
1ヶ月ちょっとで何の助けも借りずに(=完全ソロで)40になってしまった青って異常ですね…。
なんなんでしょう、青ソロって。
暗黒なんてLv70に4年かかってもなれないというのに。
色々雑記の日
2006年 12月 13日 (水) 00:08 | 編集
Odinの面白いブロガーさんを探そうと、
Googleで「Odin 日記 FF11」で検索してたら、
2ページ目で早くもここがヒット。
ごめんなさい私はRamuhの子ですOdinメインの人ホントにすいません。
OdinをRamuhにかえると1ページ目に。
まあ、タイトルに入れとくとやっぱり強いですな(笑)。


それはさておき
ここにコメントしてる人が妙に偏ってる事に気がつきました。
と言ってもRamuhに偏ってるのは当たり前で、
突っ込みたいのはそこではなくて…


何故か8割くらい♀キャラ



(見た目上は)男女比65:35の典型的男社会のヴァナディールにおいて、
これって結構異常なんでは…。
中の人の性別など知る術もないけれど、もしや女性ウケするのかこの日記。
何故だか分からないけど、悪い気はしないのでいいです。
野郎諸君の嫉妬の視線を感じますが、フレンドリストは8割ぐらい♂キャラなので悪しからず



フレンドリストといえば、
以前ここにコメントをしてくださった貴重な♂キャラのJectさんと
今日フレンドになりました。
立て続けにふたりもフレンドが増えるのは多分開始直後以来だろうなぁ。

たまたまRamuhのグスタフで会って、
たまたまここを見つけて、という流れでフレンドになる事になったので、
日記書いてて良かった、と思わずにはいられません。
まさに一期一会。
月並みですが、今後ともよろしくお願いします。
Lv70にならない日
2006年 12月 10日 (日) 23:21 | 編集
今日こそは暗黒を70にするぞ、とリーダーモードのスイッチをオンにして、
さくっとメンバーを集めました。
すっかり誘うのに慣れてしまってる自分を少し褒めてあげたいかも。
昔の私なら全然声をかけられなかったでしょう。



ヴァナ・ディールに冒険者はゴマンといますが、
リーダーをする人としない人ってはっきり分かれるんだそうです。
例えば電撃の旅団のMyikoさんはサービス開始直後からやってるベテランにもかかわらず、
リーダーをした事がないんだそうで。

私は必要に応じてスイッチを押すように切り替えるので、
やる時はとことんやるし、やらない時は全くやりません(笑)。
PMの3国プロミヴォンは全部主催しましたが、その後のPMは一回も主催してません。
赤のように極端に誘われやすいジョブを上げる時は、たとえ人が揃ってても
めんどくさいので希望出して、横でDSやってます。
逆にそうでない時は、積極的に誘いをかけます。



そんなリーダーを「する」「しない」の境界線から
一歩「する」側に踏み込んだ感じの私が組んだ今日のパーティは、
≫ "Lv70にならない日" の続きを読む...
赤い糸、青いAFの日
2006年 12月 09日 (土) 23:33 | 編集
グスタフゴブペットでコツコツLinegodの青のLvを上げ、
ついにLv54になって卒業しました。

んで、青AFがいい加減欲しいなぁと思ったので、
早速アトルガンでシャウト。
≫ "赤い糸、青いAFの日" の続きを読む...
獣AF1と心の歌うたいの日
2006年 12月 08日 (金) 23:55 | 編集
Linegodの死にデジョンジョブがない既知の不具合は、
12/8に詩人を取る事で解消いたしましたが、
新たに風の便りに詩/獣が面白いと聞いて
上げたくなってしまう不具合が報告されています。


どんだけ病気なんだ、私は。
どうしても色々上げたくなってしまう。
それを楽しんでいるフシもあるから、手におえない。

でも、獣75達成するまでそれは封印しておこう。
保険として狩人も取っとこうかな。


それにしても詩人取得クエの報酬のギルの意味不明さは突き抜けたものがありますよね。
何の脈絡もなくギルをもらえます。
しかも2回。
石碑においてあった硬貨をくすねたに違いない。
この、バチあたりめがっ!



そのほか、今日は前に獣が40になったので、AF1をやっておきました。
箱開けだけのシンプルなクエなのですんなり終了。
鍵は元々持ってたし。


限界3もやんないとなぁ。
前よりぬるくなったと聞くけどどうなんでしょう。


追記:アクセス解析してみたら「酔わせて口説く」で検索してここに来た人が(笑)。
ほとんど有益な情報がなくてごめんなさい。
獣使い×2の日
2006年 12月 06日 (水) 23:15 | 編集
久しぶりに獣と戯れたくなったので、
Lv39の狩り場の一つである海蛇へ。


そこでばったり他のタル獣さんと遭遇。
Lin061206173601a.jpg

あんまり同業者とかち合う事は獣の狩りにおいて歓迎はされないです。
ペットの枯渇は戦闘不能に直結するから。
事前にサーチしとくべきだったかな、なんて反省しながら、
とりあえずレベル上げ開始。

ペット候補のリーチも獲物の骨もどうやら十分にあるようで、
狩り場をふたりで共有するデメリットはほとんど感じられず、
稼げる事よりも、むしろ先客のタル獣さんに迷惑をかけないですむ事にホッと胸をなでおろす私。





指輪の効果をほぼ使い切ろうかという頃に、
ちょっとしたミスにあやつりミスが重なり、戦闘不能になってしまいました。
まあ、こりゃどう足掻いても助からないからしょうがないよな、
とあらかじめ仕込んでおいた呪符リレイズで立ち上がろうとしたその時、
「ぼくも戦闘中だったから、助けられませんでした、ごめんね」
とお隣のタル獣さんからTellが。
「いえいえ、お気になさらずに~」
とは返しましたが、その心遣いがすごく嬉しかった。


そのあと、お互い黙々と狩り続け、
その合間にやばそうなら回復、Lvが上がれば拍手。
ほの暗いダンジョンに骸骨が闊歩する陰湿な狩り場に生まれる、ゆるい連帯感。
景色とは裏腹のほのぼのとしたあったかい空気が広がります。

しばらくしてお隣さんが帰るときに、
「お先に失礼しますね~」
と一言挨拶をして帰っていきました。
「ありがと~、お疲れ様でした~」
私はそう返し、しばらくしてログアウトしました。
何となくPTに混ぜてもらったような、そんな後味のある日でした。
召喚士を一気に3つ上げた日
2006年 12月 04日 (月) 00:11 | 編集
11/26の日記に書いた
na i su
の狩人さんにワジュームでのLv上げでばったり会いました。
PT入った瞬間に
「アトルガンのインストールできたんだね」といきなり言ったら、
少し驚いたのちに「あ、クフタルの人だ」と言われました。
「ハムの人」みたいな感じで少々心外ですが覚えていただけていたらしい。

色々試したらちゃんとアトルガンをインストールできたんだそうです。
結局原因は謎なんだとか。
こうして会うのも何かの縁ですかねぇ(笑)。
もし次に会ったらフレンド登録を申し出てみようかな、なんて思ってみたり。


何故か今日のうちに言い出さず(苦笑)。
最近組んだ人の中に、もう一人切り出してみたい人がいたんだけど、
これも、また今度だ、とか言って先延ばしに。
どうもフレンド登録って躊躇ってしまうなぁ。



さて、今日のPTも多国籍軍でした。構成は忍モシ狩赤召(←私)。
本当はCloseの暗黒をLv70にするつもりでログインしたはずなのに、
Linegodで後衛のわき待ちしながら雑用してたらいきなり誘われて、
ノコノコとワジュームに召喚士53で急行。
だからLv75になれんのじゃっ、と自分の中の何かの激しい叱責を軽くスルーし、
初のコリブリ狩りにいそしみます。
とんでもなく倒しやすくて、なんか450くらいの経験値が見た気がします。
これはオカシイ(笑)。



だらだらと入れ替えながら続け、しばらくしたら赤さんが抜けることに。
しばらくして入ってきたのが冒頭の狩人Cさん。
って、あれ…?
イヤな予感がしたのでメンバーを確認。


前衛が忍、戦、戦、シ、狩!?
後衛、私だけ?


いいだろう!5人全員の回復を一人で捌き切ってやるわっ!
「元」白魔道士の血がたぎるぞ!
と何故かテンションの上がるタル召喚。
Lin061203194041a.jpg
↑見事に5人前衛がいます。ミスラ戦士さんだけ見づらいけど。
空蝉持ちメンバーだらけなのをいい事に、
大地の守りとケアルIIIで本当に一人で回復役をやり遂げました(笑)。
4ヒットする特殊技が凶悪で、連発されるとメンバーが死にかねないのが怖い。
それでも大地+空蝉パワーで何とかやり過ごし、
Lv53上がりたてのすっからかんの状態からLv56にまで上げてしまいました。
アトルガンエリア恐るべし。



ああ、もう少しフランクにフレンド登録切り出せるようになれるといいなぁ。
ついに・・・の日
2006年 12月 03日 (日) 12:22 | 編集
そう、ついに………………

































3キャラ全員の白黒赤がLv2桁になりました。
相変わらずやってる事が効率悪すぎだよ…。
ちなみに今の状態だとLinegod、死にデジョン用ジョブがありません(苦笑)。




そうそう、メドューサ倒しました。
回復役としてでしたが、倒すのに関われて光栄です。
次のジョブ調整とスクリュードライバーの日
2006年 12月 01日 (金) 23:51 | 編集
スクリュードライバーって女性を酔わせて口説くには最適のお酒らしいです。
飲みやすいのにアルコール度数が高いからなんだそうで。



そんなマメ知識はさておき、
開発さんからナ暗青コかのジョブ調整の発表が。
ナイトとコルセアはかなりの上方修正なので、
ついつい上げてみたくなりますなぁ(←悪いクセ)

新青魔法も気になります。
例えばソウルフレアの技には、
魔法攻撃力アップや魔法バリア、魔法効果を全て解除するものなどがあり、
結構強烈な補助系の青魔法になるかもしれません。
ポロッゴのカエルの歌とかなんかもいいけど、
そんなのラーニングする前に死人が出そうなんだけど

さて、我らが暗黒騎士はこうありました。
「アブゾ系の黒魔法全種について、詠唱時間を現在の4秒から2秒に短縮します。」
一行だけですが、これはかなり強烈。
やっとアブゾ魔法のことを思い出してくれたんですね(忘れたのかと思ったよ)
魔法大好き暗黒騎士としては、こういう魔法剣士的調整は望むところです。
武器振り回すのが好きという人にとっては微妙ってリアクションするかもしれませんけど…。
自由自在に+10以上のステータスブーストを出来るってよくよく考えたら凄くないですか?
それでいて相手の能力も下げてしまえるのも結構おいしいです。
特にアブゾイン+精霊MBとのコンビネーションが結構好きだったりして。
黒さんに喜ばれますので、暗黒騎士の同志の方、頭の片隅においてやってください。

珍しく?弱体要素がほとんどゼロのジョブ調整となりそうです。
ふん、もしやクリスマスプレゼントのつもりですかな、なんて邪推したりして。
ほとんど多少なりとも上げてますからありがたく貰いますけどっ。
からくり士がゆったり修正になるのも分かってしまったわけですが(苦笑)。
まあ、代わりに獣みたいにのんびり楽しめるジョブに昇華してくれれば良いです。



さて、今日はラーニングの1日でした。
S.ドライバーのラーニングをしに、ブブリムでプギルをざくざくと斬ってました。
これがまた全然使ってこないんですよ。
タル前衛を一撃の下に葬り去ることで有名なこの技(敵が使うときは略なしのスクリュードライバー)
Lv上げの時は結構使ってきたように思えたのに、
ラーニングする時になって金縛りがかかったように使わなくなりやがります。
ヴァナ・ディールはマーフィーの法則に法って回ることを実感させられます。

途中、MPが減ってきて、しゃがむのがいやだなぁ、
なんてものぐさな事を思っていたら、手の届く場所に丁度いいものが。
次の瞬間、スクリュードライバーを尻目に近くのカニに熱くくちづけするLinegod。
意識が朦朧とするくらいに、ね(MP吸収してるからだけど)
時々ハサミを強く叩きつけたりするヒステリックな彼女でしたが、
アレなカップルのようにしつこくくちづけを繰り返しながら、魚を倒していたら、
ついにしゃがむ事もなく2時間経った頃にラーニング。
辛かった…。
シャル貝が結構貯まったのは嬉しいけど(笑)。
そんな感じで青魔法のコレクションが増えました。
そろそろさらに増えるらしいけどね…。
グスタフに再挑戦の日
2006年 12月 01日 (金) 13:01 | 編集
前回、華々しく散らされた、グスタフゴブペット、
一つLvを上げて再挑戦してきました。

結論、やはり青は52からやると美味いです。

ペット狩りの最大の関心事といえばキャンプ場所。
グスタフでは十分に安全なキャンプ地候補を3つ見つけることが出来ました。

2枚目のマップに入ってすぐの場所
逃げやすいし、右手にある岩陰を利用して釣れるので、一番オススメです。
ペット候補もすぐそこにいるので獣はここ一択です
欠点は親ゴブがオティヌスボウを落とすNM Wyvernpoacher Drachloxの
抽選ポップ対象になっているため、
たまーに、皆殺しにされて、狩りを中断せざるを得ない事でしょうか。

そのキャンプ地から右手に行った奥
うまい具合に獣ゴブがわいてくれれば、
ゴブリンの数が少ない分安定して狩れます。
後ろに行き過ぎるとDoom~な骨が抱きついてくるので注意が必要です。
ここもオティ狙いの冒険者に葬られる事が多いです。

右に行かずにまっすぐ奥
こちらは抽選ポップ対象ではないので、オティ狙いが来ても多分大丈夫。
まれに巻き添えで壊滅してる時がありますので、その時は泣き寝入りするしか…。
ここも後ろから鎌とか物騒な得物を握り締めて駆け寄ってくる骨がいますね。
でも後ろに下がりすぎなければ大丈夫です。

どこで釣りをする時も実はアクティブのカニが一番邪魔だったりして。
3つのキャンプ地は近いので、必要に応じてインスニを使って移動すると○。



何となく青ペット狩りのおぼえ書きもしておきましょうか。
基本事項:「青魔法乱射で短時間で沈める」
まずはこれを頭に入れておけば基本的には大丈夫です。
私がよくやる基本的な流れとしては
戦闘前・メタルボディとブリンクor空蝉
戦闘直前・コクーン
釣り・バニシュor種まき
戦闘中・ヘッドバッドを織り交ぜながら青魔法連射

強化魔法での準備を忘れるとさっくり死ぬ事があるので徹底しておきましょう。
コクーンの効果時間は短いので直前の使用がベスト。
ちなみに何故ディアで釣らないかというと
まつぼっくり爆弾やサペリフィックなどの寝かせ手段を有効に使うためです。
特にまつぼっくり爆弾は空蝉とかの張替えに使えて非常に便利です。
まつぼっくり爆弾は追加効果で寝るので、相当な格上でも当たればほぼ寝ます。(←これ重要)
これ使えばグスタフのとてペットにLv51でも勝てたかも。


今回の狩りでは、
ある程度HPを減らす→まつぼっくり爆弾→ヘッドバッド→トドメの青魔法
と言った感じに使って相手の特殊技を使わせないようにしてました。
メッタ・ジェットはペットのリーチが耐性を持ってるためTP溜めるのがオチなので封印。
M.バイトは200近いダメージが出るので絶対にセットしておきましょう。
ちなみにペットのHPは800くらいだったと思います。
なお黒のフリーズならレジなし=瞬殺確定です。
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。