Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イメージと種族の日
2008年 06月 29日 (日) 13:16 | 編集
この前のLSメンバーの会話がなかなか興味深い内容だったのでその話を。

話してた3人のメンバーの種族の話になりまして、
何が似合うかをまるで服の話をするように話し合いまして。
参考までに:私(タルタル♂)、Aさん(ミスラ♀)、Lさん(ヒューム♂)

Aさんはミスラそのものな性格でほかの種族はあんまり考えられない人です。
にぎやかだけどのんびり屋な人。
ヒューム♀でもエルヴァーン♀でもないと本人もきっぱり(笑)。
ミスラという種族をとても気に入ってるようで、
周囲も本人も納得しているという幸せ(?)な例です。
男だって言われるって凄い嘆いてましたが…。
他の種族だとタル♂♀でしょうか?それも何か違う気もするけど。

Lさんは一般的なヒューム♂のイメージからはちょっとずれた、
気品と知性ある雰囲気を備えた人で(文字だけでどうやって醸し出してるんだろうって真剣に思う)
なんかヒューム♂は違うよね、と声を合わせる二人。
困惑気味の本人そっちのけであれこれ思案する二人。

(Aさん)「ガルカは違うよね」
(私)「落ち着いたガルカって凄い好きなんですが」
(Aさん)「えー、それはないよ」

ガルカに対して妙に否定的なAさん。
(Lさん)「それはAさんがミスラだからでしょう」
唐突にミスラを何人か敵に回すような発言をするLさん。
(Aさん)「いあ、あたしのミスラ関係ないじゃん;w;」

しばらく間。

(Aさん)「エルヴァーンかな?むしろエルメスw」

それだー!!

(私)「おー、似合うよねw」
(Aさん)「ほんと似合うねー」
(Lさん)「そうですか?」
(私)「むしろ口説かれるんじゃ…w」
(Aさん)「あー口説かれるね、絶対w」
(Lさん)「何にですか?」(←ちょっと引き気味)
(Aさん)「もちろん男にw」
(私)「気をつけてねー」
(Lさん)「【いりません。】」


ということでLさんはエル♀に決定(笑)。
ほんとにぜひ一回やってほしい。
んで間違って口説かれてきてほしい。


で、話の話題は私のほうに。


(Aさん)「らいんさんは、うーん」
(私)「やっぱりタルタル♂以外ないのかなぁ」
(Lさん)「でぃっぴさん(※妖精さんのLS内呼称)の相方ですしね」
(私)「否定はしませんw」


妖精の呪縛。


(私)「ガルカは全然似合わないと思うw」
(Lさん)「全然合いませんね」
(Aさん)「完全否定されてるw」
(私)「私はもともとヒューム♂なんだけど」
(Lさん)「うーん、それも何か」


さらっとCloseの存在は否定(笑)。


(Aさん)「エル♀も違うかなぁ」

(Aさん)「ヒューム♀もちょっと違う」
(私)「実は動かしてるのは伏せとこうかな」
(Lさん)「「伏せとこうかな」って言っちゃってるじゃないですか」

(Aさん)「【ネコ】とかどうかなあ、っていうか【ネコ】普通に行けるんじゃあ?」
(私)「そうかなぁ」


考えたこともなかったなぁ、ミスラ(笑)。
初期から親しいフレの一人がミスラだったからかも。
このあととうとうとミスラの良さについて語られました。

気が向いたら動かしてみようかな。
スポンサーサイト
イメージチェンジ?の日(MHP2G)
2008年 06月 29日 (日) 12:24 | 編集
久々のMHP2G話。もはや狩りというより着せ替え人形遊びになってる気がする…。
そんな着せ替えの間のひとコマ。

片手剣用に切れ味+1、属性攻撃強化、高速砥石、と何かを求めて装備を捜してみました。
≫ "イメージチェンジ?の日(MHP2G)" の続きを読む...
奇跡を運ぶ妖精?の日
2008年 06月 25日 (水) 21:19 | 編集
Lin080624223739a2.jpg
負けまくった青限界5、やっと勝ちました。
もう、このSSはほんとに忘れられない一枚です。
クリア後にLv71にあげようという話が出て、その時手伝ってくれた二人と、
手伝おうとしてたLSメンバーのLさんで外のコリブリを倒すことになったんですが、
Lさんが来る前に妖精さんがコリブリを倒してしまってLvが上がってしまったんですよねぇ(笑)。
いやはや笑いごとではないのですが、もう画面の前で爆笑してしまいました。
妖精さんらしい、いや私らしいのかもしれないっ。
二人は「これは死ぬしか」と無茶を言います。
まあほんとに死んでみた人も世の中にはいますけどね(笑)。
ああ、ほんとLさんごめん。

この日、アンケートの記事を書いたあとに、
フレンドのこよさん(SS左)と一緒に証取りに行こうと、ログインしたら、
某2足歩行核兵器に関する任務で忙しいはずの妖精さんが久しぶりにログインしてたので、
声をかけたら手伝ってくれるとのこと。
日記を見て、青限界をなかなか突破できないでいることを心配してくれてたようです。
妖精さんがそういう言葉を口にすること自体が稀だったり。(照れ屋なので)
2つ前の日記は今読んでも自分で気の毒になるほどへこんでますね(笑)。


さて、このこよさん、前回の限界の日記を読むとおとなしいというか優しい人に見えるんですが、
基本的に妖精さんと同じ人種です。
いや、「根は」優しい人ですね(笑)。
妖精さん同様、トークを果てしなく暴走させてしまう危険人物でして、
この証取りの最中にも
「この人は可愛い名前ですが凶暴なので気をつけてね」
と紹介したぐらいで。
そんな凶暴極まりない人物二人を会わせるのに少々勇気がいりました。
特に私がようやく限界を突破した瞬間、初対面のはずの二人は示し合わせたように舌打ち。
ひどい、ひどすぎる(笑)。


でも、最後までずっと付き合ってくれた人と、ちゃっかりその場に居合わせてしまう人。
どうしても縁を感じてしまうなぁ。
こよさんがずっと励ましてくれたことと、
妖精さんがふらりと来て、硬さを取り除いてくれたのがほんとに大きかった気がします。

そんなこんなでらいんも71になりました。
手伝ってくれた人、励ましてくれた人、見守ってくれた人、みんなありがとう!
ちょっと気になったことがあってアンケートを取る日
2008年 06月 24日 (火) 21:05 | 編集
昔も一度書いたのですが、
♂キャラからコメントされることがなぜかめったにないうちの日記。
自分のコメントを除けば、
たぶん4割くらいがヒューム♀、残りの4割がミスラ、残りがほかの種族で、
フレンドリスト以上に極端に偏ってます。
多くコメントしてくれる人がたまたまその種族だったということもありますが(笑)。
はじめて半年くらいはほぼミスラからしかコメントが来なかったという伝説もあり。

しかも貴重な♂キャラのうちの一人の某フレはかつてはヒューム♀だった(らしい)あたりが、
筋金入り感が…。

その割には、見てますよーって声をかけてくれる奇特な人が、
軒並みタルタル♂かエルヴァーン♂だったりする不思議。
というか♀キャラから声掛けられたことないです。
もう、わけがわかりません(笑)。


なので…、
コメント欄を使ってアンケートを取ってみようかと思います。
内容はシンプルに
「あなたの使っている種族はなんですか?」
一応メインで使っている種族で回答してください。
ヒューム♂ともタルタル♂とも言い難い私が言うのもあれなんですけど(笑)。
匿名だったり、秘密コメントでも全く問題ないです。
何か一言添えてくれるとうれしいですが、添えずに種族だけ書いてくれてもOKです。


そんな感じで、また証取りに行ってきます。
続・青の証を取りに行く日
2008年 06月 23日 (月) 00:27 | 編集
やっぱりというか、あの後負けてしまい、結局また取りに行くことになりました。
これはまた取りに行くしか、なんていらないことは書くもんじゃないです。
とってまた挑戦して負けたり、丸2日証出なかったり(メンテ開けにあっさり出たので不具合?)
なかなか辛い状況が続いています。


それでも頑張れているのは、手伝ってくれている人がいるからです。
フレンドやLSメンバーにたくさん手伝ってもらって、
あちこちから「時間が合えば手伝うよ」って言ってくれる人もいて、
ありがたいやら申し訳ないやらで、
温かい気持ちになったり、不安定な気持ちになったり。


中でもフレンドの一人がここ一週間、ずっと時間を見つけては来てくれています。
「私はこの人にこんなに甘えていいのだろうか?」
と明らかに考え過ぎなことが頭をよぎって、
「ありがとう」と「ごめんなさい」を何度となく言いました。
かえってくる言葉はびっくりするほど優しくて、少し戸惑うほどで。


「いつでも呼んでいいからね」
「またがんばろ?」
「ダメだったらまた行こう」


本当にありがとう。
そのくらいしか言葉が出てこないです。

少し大袈裟かもしれなけれど、私もあなたみたいになりたい。
青の証を取りに行く日
2008年 06月 15日 (日) 12:31 | 編集
いい加減、青限界を突破しないとまずい気がしてきたので、
フレ二人とLSメンバー一人にお願いして、また青の証取りに行ってきました。
集まった3人の性格が見事にバラバラで見ていて面白かったです(不謹慎)。

前回も来てくれた本当は詩人のシーフフレはこれでもかというくらい元気な性格で、
赤で来てもらったLSメンバーは常にのんびりと構えているほんわかとした性格の人、
白で来てくれたフレは繊細な感じのする控え目で優しい性格の人です。
3人が似てる部分を探すのが一苦労と言う(笑)。

前回なかなか出なかったので、今回も苦労するかも?と思っていたら、
案外あっさり出てしまいました。もう少し眺めていたかったのに。
SS撮れなかったのがちょっと惜しいなぁ。これはまた取りに行くしか。

あんまりにもすぐに取れたので
「(負けても)これならすぐ取りに行けるね」
「そっか、じゃあ急いで負けてきます(>_<)」
「勝ってええぇええぇえ;w;」

という会話もありつつ(笑)。


「遅れてごめんねえ」
「赤久しぶりで動き忘れてた」
「喋らなくてごめんなさい」
解散後の会話で謝るところから入るのがたぶん3人の唯一の共通点。
こちらこそ急に来てもらったうえに、
青魔法セットし忘れたり、道間違えたりと散々だったのにほんとにごめんなさい。





最後はカンパニエバトルの写真。
LSメンバーからいろいろと報告が入ったので速攻で見学に行ってきました。
Lin080614165625a2.jpg
増援を召喚するベルフリー。
敵が強く設定し直された関係で、敵の技術力などの軍としてのパラメーターも上がったのか、
最近よく作られるようになってきたらしい。
これは敵のベルフリーなので、敵拠点のように叩いて壊すことができます。
味方のだと守りぬくのがポイントになるらしいです。
シージターレットも見てみたいなぁ。


Clo080614184837a2.jpg
敵がスカウトしてくるカイザーベヒーモス。
メテオとか撃ってきます。
死体がゴロゴロと転がっていて誰も戦ってなかったので、死を覚悟したうえで特攻!
1分後にタグ付けずに(つけてたら死ぬので)レイズしてた白さんに
心底あきれたという顔をされつつ地面に転がってました。
一応リレイズしてましたが…。
ガーの日
2008年 06月 14日 (土) 12:27 | 編集
う、書けてないネタがたまってきてる。
バージョンアップ関連もいろいろ書けそうですが、もうちょっと調べてから。

ga15.jpg
発見者:うちのLSメンバー。
オンラインゲームの醍醐味ってこういうことかもしれない。そんな写真。
15ギルで落札するRamuhの勇士の方を探しております。
それにしてもこんな投げやりな金額で売られるガーも不憫(笑)。
出品料より安いです。



Lin080601133448a2.jpg
通りすがりに、「渋い」と思って思わず撮ってしまいました(笑)。
見た目的には、ガル魔道士のほうがタル魔道士より知性(INT)を感じるのは気のせいだろうか。
ガル学者だけ完全に教授ですし…。
うちのタル魔道士は年がら年中キキルン帽子なので知性もヘッタクレもありません(笑)。



Fra080604221816a2.jpg
Pandemoniumで落とされるのを見るのは初かもしれないです。
うちのフレはよく落とされるとややあきらめ気味にこぼしておりましたが…。
精霊魔法のスキル上げなんかしてる場合ではなかったようで…。

余談ですが、
私が装備しているこの胴装備、4~5年前位にRamuhのフレ(しかも複数)がよく装備してたので、
ログインするたびに無性に懐かしい気分になったりして。
こう書くとそのフレがやめたように聞こえますが、みんないまだに健在ですのであしからず。
でもやっぱりすごい懐かしいので、AFを装備できるようになっても、
しばらく売らずに持ってようか、と少しだけ思う。
流れ弾の日
2008年 06月 07日 (土) 22:14 | 編集
(※ブロガー仲間の内輪ネタでごめんなさい)
ねえ、パミミさん。


pamimi.jpg
(先月のアクセス解析より)


あなたは神様だったのですねっ。
これまでの無礼な言動をお許しください!




もうね、ほんと、笑い殺されるかと思いました。
なんで3人もいるんですかっ!?






kurisumasu.jpg
クリスマス島からのアクセスなんてもうほんとどうでもいいです。
大剣の使い分け方(MHP2G)
2008年 06月 06日 (金) 22:38 | 編集
危うく「パピメルX」での検索回数が先月の1位になりかけたFF11ブログはここです。
「日本全国ハンターだらけ」のCMの宣伝文句に嘘偽り誇張はないようで(苦笑)。


さて、全国200万の狩人諸兄らに、僭越ながら無属性大剣の使い分けの心得を授けようと思う。
≫ "大剣の使い分け方(MHP2G)" の続きを読む...
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。