Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
光の4戦士その1
2009年 10月 31日 (土) 23:07 | 編集
光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-
(2009/10/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

何となくピンと来たので買ってみた!


(おそらく意図的に)ピコピコ音。(ちなみに音楽担当はFF11でおなじみの水田さん)
(おそらく意図的に)ヒントが少ない。
(おそらく意図的に)ギルが不足する。
(おそらく意図的に)ターゲットを選べない。


ユーザーフレンドリーなゲームかというとそうではないです。
宣伝文句の通り、少なめなヒントであちこち駆けずりまわって進めていた昔のRPGです。
迷ったり詰まったりするのは日常茶飯事。(さっきやっとウォータ見つかった)

シンプルにデフォルメされたファンタジックな世界を
吉田ちびキャラを忠実に再現したローポリのキャラがちょこちょこ動きます。
地平線が歪んで見えるのがとてもいい感じ。
初期FFにポリゴンなんて昔はなかったんだけど、
多分当時に3DCGの技術があったなら、やはりこんな感じで世界は描かれていたと思う。


そのほか特徴的な点としては
このゲームのバトルでは行動のターゲットを選べないんですが、
代わりに剣や斧なら前衛を攻撃、
槍、弓、魔法なら後衛を攻撃、
魔道士に魔法を全体化するアビリティを標準装備と、
それを補う要素があります。
なので、出現する敵に合わせて装備の種類を変えるのが効果的です。
ケアル系は一番ダメージを受けている味方がターゲットになるようなので、
全員がちょっとずつ減っている場合は、白魔法使いのいのるで全体化するのが〇です。
ぬすむは、まあ、がんばって;;

また、ターゲットを選ぶ手間がなくなるので
恐ろしくバトルが高速で進みます。
メガテンであるようなオートバトルのように、
入力したコマンドを自動で繰り返すこともできるので、
非常にサクサクと進みます。
1分で4回くらいバトルが終わることも。
イベント、バトルともに演出を簡素に、というコンセプトがあるらしいので、
このゲーム、手を止めている時間はほとんどありません。
プレイしててとても快適です。
ある意味、最近のFFに対するアンチテーゼなのかもしれません。

やりこみ要素はナイズル的なランダムダンジョンらしい。
この辺はとても現代的(笑)。


町を吹き抜ける風、
フィールドを駆け抜ける、次の国への旅、
王様の頼みごと、
決まってダンジョンの最奥にいるやたらと強いボス。
この辺を懐かしいと思う人にとって、素晴らしいゲームだと思います。
計ったようにベタです。それがコンセプトの一つだし。


そうそう、
セーブデータを読んだ直後の挿し絵と音楽が綺麗でついつい魅入ってしまうんですよね。
私はどうにもああいうのに弱いみたいです。
スポンサーサイト
Distant World(PMエンディングに添えて2)
2009年 10月 21日 (水) 00:11 | 編集
Lin091020234217a.jpg

ストーリー中であれだけ聞いたのに、
それでもまたぐっと来てしまった。

サブキャラクター達のその後をしっかり見せて、各地を巡った先に、
ヴァナ・ディールに降り立つ日に見た場所に帰ってきました。
まるで遠いふるさとのような場所。

やはりオールドタイプのFFらしい、どこかノスタルジーを感じるエンディングでした。
とても穏やかな気持ちになれます。



それにしても、

長かった(;´д⊂)

めんどくさいし、きついし、移動多いしで散々な目にあったけど、
それでもこのミッションをやってよかったと思う。
間違いなく一番思い出に残るゲームのシナリオでした。
それに…、



ラジャスも取れたしっ!
rajasring.jpg



手伝ってくれた人も、
一緒にクリアした人も
本当にありがとうございました_(._.)_
そのままの勢いで日記を終わらせそうなくらいに
今ものすごい感動してます。
もちろん本当には終わらせないけどね(*'-')
アカツキの詩(PMエンディングに添えて1)
2009年 10月 20日 (火) 01:53 | 編集
ということでPM最終戦行ってきました。
Lin091017194314a.jpg
≫ "アカツキの詩(PMエンディングに添えて1)" の続きを読む...
天使たちの抗いの日
2009年 10月 12日 (月) 17:45 | 編集
じわじわとやってクリアまであと2つまで迫りました。
オメガ戦から毎週募集の波に乗って一気に突き進んでます。
今回は長い長いと評判のPM天使たちの抗いです。

アバウトにいえば、
ラストダンジョン中核部のマップをめぐり、だいじなものを取り返し、
そのあとボスを倒すという内容です。
なんかFF3のクリスタルタワー思い出す(笑)。
何もかもネタばれだらけの核心部なので内容には触れませんが、
ファミコン時代のオールドタイプのFF好きにはたまらない展開だと思います。


道中の敵を倒していると
Lin091010214204a.jpg
Lin091010214212a.jpg
WSでことごとく敵から光を奪うモンクに【恐れ】
たぶん、うちのPCのせいなんだろうけど。

1種族に対応して1か所回るので、対応した種族以外は行く必要はないんですが、
地図の条件となっているNPCも、あちこちにいるので結局全部回りました。
4時間くらいかかった(苦笑)。

で、4つのツボ。
何気にラストバトルの手前というおいしいポジションなのに、なぜかツボ。
トラ〇スク〇ャとか〇ーモ〇最終異体とか印象に残るキャラのポジションになぜかツボ。
オメガアルテマテンゼンと比べるとインパクトが薄いなあ。(てかなんで戦ったのかも謎)


一回負けたけどな!


ちっこいツボが黒な上に、印なしだとあんまり寝ないのが痛い。
2戦目は無難に勝利しました。
ちなみにボスはもともと光ってないので、モンクさんのエナジードレインは効きませんでした。


オファーが暁になって、称号がクリスタルの戦士になって、いよいよ最終決戦です。
ウィンミッションより、ジラートより、アトルガンより、アルタナより難易度はずっと高いのに、
なぜか一番最初にここまで来てしまいました。
それだけでちょっとだけ奇跡っぽい。
指輪はやはりラジャスかな?
やっぱりタイトルにLvが入る
2009年 10月 05日 (月) 00:52 | 編集
なんだかポケモンで楽しくなってきたので、
いろいろとこっちに書こうかなとも思ったのですが、
何の前置きもなしに
3Vだの、役割破壊だの、文字2確だの、ガブリ流せます、ハピで止まりますだの書かれると、
多分大概の人が引くので別のところで書いてみます。


こっちの日記はまだまだ続きます。
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。