Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Besaid風R15にならない日
2010年 10月 15日 (金) 15:39 | 編集
採掘してると近くのモンスターが擦り寄ってくるのは、
きっとわたしが心がきれいな人だからだと思うんだ。
FFXIV_1286968052.jpg
ちなみに襲われたりはしない。




LSでR30オーバーの人の話もちらほら出るようになり、(ちなみにうちのLSはクラフター廃人多し)
そのうち現状のランクのキャップ50に到達する勇者を見ることになりそうな今日この頃ですが、
わたしはなかなか15になりません;;


FF11でいうミッションにあたるメインクエストの条件はランクで決まっていて、
もっとも高いクラスのランクが1,5,10,15,...と5あげるごとに新しいクエストが受けられます。
そんなわけでR15にさっさとなりたいわけですが、
革細工、採掘が14で、幻術、裁縫が12という体たらく。
FF11のころから日記を見てる人にはまたかという感じなのかも知れませんがー。

しかしながら、どれか一個に絞らないのがわたしの正義なので仕方ないのです。
ギルドリーヴの恩恵を余すことなく受けようとすると、
持てる上限<メインのクラスでもらえるリーヴ
→さまざまなリーヴがある
→ほかのも受けてしまおう
となるのでしょうがないのです(*'-')
というかファイター系のクラスがはいってないことを気にしてる位だったりして…。


今週中にはきっとR15になるさ、うん…。
スポンサーサイト
ジュリアンベールおじ様の日
2010年 10月 03日 (日) 20:18 | 編集
連続でギルドリーヴネタです。依頼人に時々変な人が混ざってるもんでw

グリダニアの南にあるキャンプ・トランキルのギルドリーヴにて。



まだ依頼品が仕上がってないとき。

ジュリアンベール : 連絡のあった匠の先生ですね? 遠路、よくぞご無事で……
ジュリアンベール : ……お察し致します。何か事情がおありなのですね?我々は先生を信じます。むさ苦しい場所ですが、よろしければ当設備をお使いください。



え、あの、ごめんなさい;;
匠って///


ジュリアンベール : すばらしい品です。確かに拝領いたしました。どうぞ、気を付けて、お戻りください。先生が無事に都市に戻られて、初めて我々も安堵できます。



ジュリアンベールさんが礼儀正しすぎて困ってしまいますね(>_<)
ちなみに見た目はエレゼンのおじいちゃんでした。


そんなことをしてるうちに革細工12になりました。
そろそろお金稼ぎになるものを作ってもいいかな。
サブリガを納めた日
2010年 10月 01日 (金) 18:52 | 編集
剣闘士がはくサブリガを納品するときの一コマ。

ウヴィルシング : よう、Ritz Close、見事、納品できたそうだな。これが、約束の報酬だ。……おっと、お前の汗と涙で稼いだ金だ。闘技場やカジノで無駄遣いすんなよ。
総合評価40に応じた報酬が支払われた。
「大鳩の粗皮」×2 を入手した。
「アースシャード」×7 を入手した。
826ギルを得た。
Ritz Closeは「シューズ」の作り方のメモを入手した。
材料1:ブラスネイル×1
材料2:シープレザー×1
材料3:羊革の端切れ×1
材料4:モール・シニューコード×1
材料5:革靴底(グレイ)×1
クエスト『製作依頼:剣闘士用サブリガ』をコンプリートした。



この後普通に話しかけたら、

ウヴィルシング : なんと、来月のメインカードはあの麗しの剣士フランツと、恐怖の人間戦車ゲオルクの一騎討ちだ!
ウヴィルシング : 見逃したら、一生後悔するぜ。さ~、買った、買った~ッ!


言ってること真逆ですがな。
ギルドリーヴ中のセリフが本音らしい。

どうやらコロセウム周りの仕事はヤクザな仕事らしい。
某ギャンブル漫画の黒服みたいなセリフ。

ちなみにFF14のログは普通にコピペできます。


つづきはSS。

≫ "サブリガを納めた日" の続きを読む...
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。