Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VSアカムトルムの日(MHP2)
2007年 07月 29日 (日) 22:46 | 編集
PCを買い替えまして、今日はセットアップに追われ、ヴァナ・ディールに行けず。
ああ、俺のミラテテ様がぁぁあぁああ、な気分です。

でもVistaは画面がきれいです。
vistaview.jpg

設定関係が一切合財変ってやがって、余計な苦労を増やしてくれましたが。


さて、MHP2のアカムトルム退治に行ってきました。無論ソロで。
世間にモンハン旋風が吹き荒れる今、うちの身内はモンハンをやってないという体たらく。
まあ一人で巨大な竜に挑むロマンを求めてこのゲームをやってるからいいや。
あれ、なんか液晶がにじんでるや…。
グラビモスを一口でがぶりとやってしまえる覇竜ことアカムトルムは
一人で挑むにはあまりに強大な敵です。
伊達に伝説のポケモン・グラードンには似てません。

まずは、こんな装備で挑んでみました。
武器:ガオレンスホオビー
防具:リオソウルU(脚以外)、レックスS(脚)+爪・護符(防御力430程度)
スキル:自動マーキング、高級耳栓(実は両方ともほぼ意味なし)


ムービーが終わった瞬間に
のっしのっしと歩いてきていきなり踏まれる、
かじられる、
尻尾で引っ叩かれる
そして30秒。
死にましたっ。


何これ強すぎ。
長年の相棒である召雷剣に持ちかえ
何度も挑みつつ動きを見切れるようになっても押し切られました。

負ける原因はひとつ。
怒りモード移行時の咆哮をガードし損ねる→マグマ直撃。
体力150をあっさり削りきる鬼破壊力。


ほとほと困り果てて武器ボックスをのぞいてみたところ、
召雷剣の親戚である片手剣・雷神宝剣キリンが作ったまま転がってたので、
わらにもすがる気持ちで手に取り再挑戦。
さらに今まで封印していた、秘薬、いにしえの秘薬の調合材料も持ち込み、
ポーチをパンパンにして突撃。

片手剣とアカムトルムの相性がいいということに気づいた、5分。
これはいけるかもしれない、怒り状態お構いなしで立ち回る、10分。
一瞬の油断からあの死のコンボでキャンプに打ち捨てられた、30分。
やつの極太のしっぽを引きちぎり、勝てる!と思った、35分。
時間が足りるか不安になる、40分。
そして。

あの巨体が横たわり、高らかに勝ち名乗りをあげた43分。




勝因は片手剣の小回りでした。
攻撃モーションが大きいものが多く、しっぽ攻撃が体の左側しか当たらないので、
右側に陣取り、咆哮や倒れこみ攻撃をしっかりガードすれば、
大幅にダメージを軽減できました。
アカムトルムの体の色がオレンジ色に変わる怒りモードになるときに、
必ずダメージ付き咆哮とマグマで攻撃してくるので、
咆哮をガードしてぶっ飛ばされるのを防ぎ、
すぐにアカムトルムの腹に密着してマグマを回避します。
どうやらここだけは来ないようなので。
大剣でもやれなくはないのですが、攻撃のモーションが緩いので
ガードをし損ねることが結構ありました。
片手剣は攻撃モーションの小ささから、すんなり防御にうつれるのが大きいです。
たぶん、全ての種類の武器で最も楽なんじゃないでしょうか?


次はミラボレアスを退治してこようかな。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。