Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
両手剣担いだナイトの日
2007年 10月 14日 (日) 01:54 | 編集
いつものように誘われ待ちで白門の立ち番をやっていると
「Lv36~38の盾やれる人いませんか?」
というシャウトが。

これは久しぶりにナイトをやるしかない。2006年10月28日以来、この日もシャウトがきっかけ)
片隅で埃をかぶっていたナイトの装備を取りだし、いざ出陣。


Lin071013150649a2.jpg
ナ(←Linegod)侍侍赤黒詩。
恐ろしい破壊力の侍二人。
連携すると高確率で敵が倒れるので、MBできないとしょげかえる黒さん。
リニューアルされた侍のポテンシャルはすさまじいものが…。
敵があっさり沈むものの、ターゲットを取るだけでも一苦労。


これではいけない、何か手を打たないと、そう思ってこれを手に取ってみました。
Lin071013151248a2.jpg
禁忌とすらいわれたナイトの両手剣。
しかし今では両手武器強化で見直されてきているらしい。
これで少しでもダメージを稼ぎ、ターゲット固定をしようという作戦。
それが功を奏したのか、やや落ち着きを取り戻す芋虫の動き。


久々にやってみると、
ケアルを思う存分撃ちまくれるタルナイトが結構楽しいことに気付きました。
今でこそ年中、暗黒魔法連打の日々ですが、
なんだかんだで感覚として初期ジョブの白魔道士が根っこに残ってるから、
やっぱりケアルが好きなんだよなぁ。

Lin071013172712a2.jpg
なんだかんだで2つLvが上がり、装備を新調。
首がスポッと抜けそうな予感がする格好です。
そう思うのは私だけかもしれませんが…。
同時にAF1を受けられるレベルになりました。
AF1を取った(取れる)ジョブは、白暗赤召青獣に続いて7個目。
Lv75になってない割にはいささか多すぎる気がしないでもないです(笑)。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。