Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンパニエとFFとは直接関係ない考察の日
2007年 10月 28日 (日) 20:51 | 編集
アルタナの神兵の目玉コンテンツのひとつであるカンパニエ。
…ニエ?と思った方も多いはず。いや私だけかもしれないですが…。

FF11に関するもので他のニエがつく名前として、
シフォニエ(Chiffonier)、カルトニエ(Cartonnier)があります。

シフォニエ
サンドリア様式の配膳箪笥。 調度品の一種。


カルトニエ
アトルガン様式の堅牢な書類整理箱。 調度品の一種。


シフォニエは英語でそのまんまタンスでした。
どうでもいいですがタンスって箪笥って書くんですね。


さて、カルトニエですが、これはフランス語でキャビネットとかそういう意味らしい。
書類整理箱と言ってしまえばそうですね。まさにその通りさ。

20分かけて調べた意味はあったのかと、悲しくなるので、もう一つ踏み込んでみます。
ファイルケースはフランス語でカルトン(Carton)というらしく、
そのカルトンの語尾に接尾辞-ierを付けることで
「カルトンを収納する場所」
と言う意味を持つわけです。
そういうわけでカルトニエは書類整理箱なわけです。
シフォニエのほうも、シフォン(Chiffon)自体がもともとフランス語に語源をもち
「絹織物」という意味があるので、そこからタンスと言う意味を持ったのもうなずける話です。


本題のカンパニエ、これもフランス語です。
綴りは、そうCompagnie、って-ierで終わってないしっ!
長い前置きが全く意味をなさなかったことにいまさら気づく…。

それでも気を取り直して続けると、
英語のcompanyと同じで、仲間、会社、中隊と言った意味を持ちますが、
おそらくこの場合は中隊の意味をさすのだと思います。
中隊とは何ぞやというのはこちらで。
要するに100~300人程度の軍隊をさす言葉のようです。
ひょっとすると、カンパニエの人数もこのくらいを想定しているのかもしれません。



さてこのカンパニエ、発表されている情報からフレがポツリと一言。
「これってファンタジーアース?」


…確かに。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。