Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吟遊詩人/踊り子について考えてみる日
2008年 01月 06日 (日) 20:18 | 編集
最近、歌って踊れる吟/踊という素敵な組み合わせをやっています。
Lv10代だと、サポ踊り子のドレインサンバが強力で、
ピーアンとメヌエットとの合わせ技でヒーリングなしでLvアップなんてこともあるような、
凶悪な持久力を見せつけてくれます。
それでいて同じくらいの強さな敵でも普通に勝てます。
詩人はソロ弱いという固定観念を完膚なきまでに叩きのめすくらいに強いです。


さて、高レベルになるとどうなるのかをぼんやり考えてみます。
☆有効そうな能力
・ケアルワルツ(I~II)、ディバインワルツ
無理やりにあてはめるならケアルII、ケアルIII、ケアルガに相当、TP消費は20~40といったところ。
・ヒーリングワルツ
毒、麻痺、暗闇、静寂、病気、呪いと、イレースで治せる状態異常の治癒という何とも欲張りな取り合わせ。ただし、対象が複数の状態にかかっているときは狙ったものが治せるとは限らないところに注意。
・サンバ系
ソロ時程の目覚ましい効果はないものの、地味に効果は高い。ただ、メイン踊り子がいるときは効果が薄い。
・クイックステップ、ボックスステップ
命中ダウンと防御ダウンなのでシーンを選ばず使いやすい。他のメンバーのステップとの相乗効果を得られるのも大きい。実質的にこれがサポ踊の最大のメリットのような気がする。
・サポ踊り子のCHRアップ
サポ白も低くはないですが、やはりCHRメインのジョブというだけあり、ブースト量は随一。装備に比べると効果は小さいのでおまけ程度に。

☆MPブースト→命中ブースト(TP確保)への発想の転換
たかが詩人とあなどるなかれ、短剣スキルはB-。スコピオハーネスなど意外と命中ブーストも豊富。さらに踊り子自体に物理命中率アップ(命中+10相当)があります。
CHRアップも兼ねたトゥーナorトロスシを食べれば、一通り命中するはず。片手剣はC-どまりですが、ジュワユースならば十分に選択肢に入るはず。
ただ、これには欠点もあって、エレジーやララバイのために杖に持ち替える、というのがやりづらくなります。最初から杖を持って殴るのも手か?(両手棍スキルはC+)
どっちにせよ歌に時間を取られがちですが、サポ白時の白魔法と同じくらいの頻度で踊るTPぐらいなら確保できそうな予感。


なかなか面白そうな気がしてきました。
殴りたくてうずうずしている詩人さんとか、ジャニーズに入るのが夢な詩人さんどうでしょうか?
コルセアも同じ原理で行けそうな予感。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。