Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まっさらな世界を思う日
2006年 10月 06日 (金) 22:37 | 編集
4年前の11/6に初めてサーバーが追加された時のことをふと思い出しました。
追加されたのはPandemoniumとGarudaで(ちなみにCerberusが追加されたのはその翌日)
この日にスクウェア(当時)から各2000人分のワールドパスが配布されたんだっけ。
まさに「まっさらな世界」への招待状。
興味本位でとりあえず行ってみる人もいれば、
敢えて今までの旅をリセットし新たな世界を旅立つ人もいる。
たまたまその日にFF11を始めて、「まっさらな世界」からスタートした人もいる。

で、面白半分にPandemoniumに降り立って、ちょっと旅してRamuhに戻ったんですが、
もしあのまま「まっさらな世界」を旅したらどうなっただろう、と少し思う。



開始直後は支配国がニュートラル扱いなのは多分知ってる人は少ないでしょう。
あと皆がサポなしLv1、ってのはあれ以来一度も見ていない。
もう少し楽しんでいけば良かったと今更後悔してます。
最初からPandemonium、Garuda、Cerberusにいて、今も現役の人、
あの頃の旅はどうでしたか?
Comment
この記事へのコメント
はじめまして。
Pandemoniumでプレイしている者です。
私はPandemonium開設時からはじめたのですが、
あのまっさらで何もかもが手探りだった頃が最も楽しい時期だった気がします。
初期の頃からのフレ達と飲む時も、FFの話をする時の大半は初期の話になるぐらいに濃いものでした。
あの新鮮味はもう味わえないのでしょうねぇ。
2006/ 10/ 07 (土) 09: 28: 34 | URL | えふ猫 # OmEQ3VCk[ 編集 ]
今より明らかにコンテンツが充実してなかったのに、それでも「昔は良かった」と思うのはやっぱりあの手探り感のせいなんでしょうねぇ。
あの頃は当然だった、分からない事をフレンド数人に聞いてもやっぱり分からなかった、というのは今ではまずないですし、ああでもないこうでもないとフレンドとか通りすがりの人と試行錯誤することも、一部の先行ユーザーの特権みたいになってますなぁ。


「答えがわからない」ということが、実はとても大きかったのかもしれません。
ともあれ、初期の頃の記憶は今でもかけがえのないものになってます。
2006/ 10/ 07 (土) 21: 46: 13 | URL | Close # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。