Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もっと話そう
2008年 03月 06日 (木) 12:30 | 編集
この6年弱ずっと、難しいと思っていることの一つに
「LSメンバーでないフレンド(もしくは知人)といかに話をするか」があります。
LSメンバーでないフレンドってフレンドリストの中でも結構な割合でいるので、
彼らと楽しく過ごせることはFF11をプレイする中でもとてもとても重要なことだと思います。

でも、
むやみにtellしたら、迷惑にならないだろうか?
とか余計なことを考えてしまうわけです。(前もそんな事書いたような気が…)
私の友人に対する価値観として、
「近いことが親しさじゃなく、互いにとっていちばんいい距離にいることが親しいってこと」
というのもあって、いい距離感を探りながら接してしまうのもあります。
しかし、躊躇して踏み込めず遠巻きに見守るような、遠すぎる距離は「疎遠」というわけで。


改めて考えてみると、もっとしゃべってみたい人がたくさんいます。
たとえばブロガー仲間の人は、みんな個性的で素敵な方たちばかりです。
…お世辞じゃなく本当にそう思っていますよ?
日記でやり取りする時とはまた違った感じの会話になるので、
もっと話したいとは思うのですがみんなLSが違う人なので、そんなに頻繁に話すこともできない。


一番シンプルな解決法としては、パールを渡す(もらう)という方法があるのですが、
それって相当勇気がいるし、同時に同じパールをつけていないと当然意味がないです。
たくさんパールを持っている人もいますし…。(私も全員合わせて普段使うのが6個くらいあります)


やっぱり話したいときにtellをするしかない!と思うのですが、
そこで邪魔をするのが冒頭の不安。
この不安を取り払うのもやっぱり会話をするしかないような気がします。


LSが違うフレンドの中で親しい人たちは決まって、
いきなりとくに用事もないのにtellをくれて屈託なく笑ったあと
「そんじゃ離席するー」で会話を終えるような、気さくすぎる人だったような。
そういう人たちは、こちらからも話しかけやすくて、
逆に他愛のない内容のtellをこっちから飛ばしたことも結構あります。


彼らのように積極的に話しかけていけたら、と思いつつも、それはなかなかできないので、
すれ違った時や面白いサーチコメントを書いてた時とかにtellをする、
というのが私の当面の目標ということにしようかな。
なのでフレンドの皆様方、変なtellが届いても引かないでください。
Comment
この記事へのコメント
キキルンさんの気持ち解かる気がする。
私もフレリスト見てアサルトだの裏だの
リンバス行ってると思うと話掛けられない性質なので(´・ω・`)

PTで一緒になってフレ登録したけど、
そのまま疎遠になってって言う人も居るし。
覚えてないだろうなぁて思ってた人にいきなり手を振ってもらって
話し掛けられた時はめちゃめちゃ嬉しかったなw
意外と引っ込み思案な私なので社交的な人は本当にうらやましい(´・ω・`)
2008/ 03/ 07 (金) 12: 31: 52 | URL | kacya # -[ 編集 ]
>私もフレリスト見てアサルトだの裏だの
>リンバス行ってると思うと話掛けられない性質なので(´・ω・`)
時間制限系は話しかけづらいですよねぇ。
親しいフレが、
「AF2出過ぎ」ってサーチコメントに書いてた時くらいしか、
話しかけたことないです。

>覚えてないだろうなぁて思ってた人にいきなり手を振ってもらって
>話し掛けられた時はめちゃめちゃ嬉しかったなw
疎遠だと手を振るのも結構勇気がいるので、余計にうれしいですよね。
そういうのをさりげなくできる人に私もなりたいです。

>意外と引っ込み思案な私なので社交的な人は本当にうらやましい(´・ω・`)
私も根が引っ込み思案なんですよね…。
話しかけるのにいちいち緊張してます(笑)。
2008/ 03/ 09 (日) 12: 40: 37 | URL | Close # fmMB9P0I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。