Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FFをやりながら聞く音楽
2008年 10月 27日 (月) 01:18 | 編集
特徴的でありながらも飽きないように練られた一流のゲーム音楽であっても
6年もやってくると、時々BGMにも食傷気味になるので、
CDを聞きながらやることも時々あります。

どんな音楽を聴きながらやっているかといいますと…
基本的に好きなアーティストの曲をなんとなくかけてます。
なんとなく邦楽ばっかりです。

イメージ的にいちばんよく合うと思ったのが最近復活したDo As Infinity。
冒険者たち冒険者たち
(2001/09/05)
Do As Infinity

商品詳細を見る

全体的に疾走感のある曲が多いので、ドライブにもよく合うアーティストだったり。
「冒険者たち」というおあつらえむきすぎる名曲がありまして。
これ聞きながらFFをすると、やたらと旅に出たくなります。
あまりに合いすぎてサーチコメントにもポツリと書いたこともありますね(笑)。
「空想旅団」「TAO」などなど、旅をテーマにした曲がかなり多いです。
それにしても復活したのは嬉しすぎるなあ。


タイトル的にすごい合うといえば、これも。
THE LIVING DEADTHE LIVING DEAD
(2004/04/28)
BUMP OF CHICKEN

商品詳細を見る

トラック2に「グングニル」なんて曲がありまして、
FFファンがひきつけられるタイトルの曲です。
でも、これを聞くと無性にワンピースが読みたくなるという謎の曲。
なんでかは、詩を読めば納得すると思います(笑)。
「K」といい、詩的なバンプの世界観はこのころから健在だったんだなあ、と思うアルバムです。
売れる前の曲なんで知らない人はさっぱり知らない曲だらけですけど…。



詩がぴったりだったのがこれ。
I LOVE UI LOVE U
(2005/09/21)
Mr.Children

商品詳細を見る

再生ボタンを押すといきなり流れてくる「Worlds end」
桜井さんがFF11を意識して詩を書いたわけではないんだろうけど、
私がなんとなく抱いているFF11での冒険者像をそのまま描き出したと錯覚しそうになりました。

素で聞いてたときはそこまで思わなかったのに、
ヴァナ・ディールにいるときに聞いた時の感動はすごいものがありました。
「何にも縛られていないから、どこにでも行ける」
「何に縛られてるわけでもないけど、確かにつながっている」
リアルでもヴァナ・ディールの中でもそうありたいと思います。


そのほか合うアーティストとしては、
旅っぽい歌の多い、CHEMISTRY、レミオロメン、ポルノグラフィティあたりでしょうか。
どの曲が、というのはないですがなんとなく合います。


マント(aiko)とか奏(スキマスイッチ)とかしあわせの風景(Every Little Thing)
とか好きでよくかけてますけど、別段、FFと合うわけではないので…。
「ハイ、タケコプター!」って言っちゃう、もはや邦楽アーティストのスコット・マーフィとかも、
面白がってよく聞いてます。
ELLEGARDENとALLiSTARでセットでライブしてた頃がちょっと懐かしいです。
両方ともいまはおやすみになっちゃいましたね・・・。

って脱線してきた。
FFしながら聞いてみると、聞きなれた曲が新しい味を見せてくれることもあって
面白いなあという記事でした。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。