Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
使うキャラクターについて細々と。
2009年 01月 31日 (土) 23:47 | 編集
発売から1ヶ月ちょっとが経って、
いまだにあほみたいにやっております。
最近発売したアルティマニアに、ディシディア次回作については
「構想はあるけど予定はない」みたいな感じのことが書かれていたので、
次回作はまだまだ先のことになりそうです。
出すならカインは確定とか言ってたので、やる気だけは十分にあるようなので期待してみます。
ライトニング動かしてみたいしなあ。
ラムザとか、ディリータとか、ヴァンとかも。(何でヴァン出なかったんだろう?)
インターナショナル版は水面下で動いてました!なんて落ちも十分ありえますしね。
海外での発売もするみたいですし。

妄想はさておき。
よく使うキャラクターなんですが、
ジタン、セフィロス、ウォーリアオブライトが多くて
時々クラウド、シャントット、スコールのあたりに落ち着いてきました。

ジタンはEXバーストの連打がだるくなって、フォースを勇気にかえながら戦っております。
派生が使い勝手がいいので、これもなかなか強いです。
フェイントを交えながら飛び回る、リプレイ映えのいいキャラですよね。
ジタンはディシディア登場キャラの中でもクラウドやスコールに並ぶ人気キャラで、
動画も多く、いろいろな戦い方が研究されてるようですが、
私のジタンははね回りながら攻めまくるだけで特に芸はありません(笑)。
速すぎて時々何してるかわかんなくなるのが玉にキズ。


今月半ばから急浮上したセフィロス。
今日でFF7が出て12年なのですが、
目を疑うほどのものすごい成長ぶりです。(正宗がっ)
確かに長かったけど、昔はこんなに長くなかったよ正宗。
短く見積もっても3mくらいある気がするんだけどっ。
いつもどこにしまってるんだろ。
ジタンとは逆に牽制を交えつつ、中距離で待ちに徹する感じがよさげ。
当たると大きいぶんに、モーションがわりと大きくて、HP攻撃も派生技がないので、
攻め続けると当たらなくて反撃されて泣きます。高低差にも弱いし。
逆に反撃なら高低差はあんまり気にしなくていいし。
何気にEXフォースを集めやすいのが〇です。

それにしてもアナザーフォームの上半身裸に足が革パンツは
もはや誰が見ても変態にしか見えない。
さらにあれで刀もってるんだぞっ。↓こんな感じ。
DISSIDIA_FINAL_FANTASY_0021.jpeg

一部の女性の方は喜ぶかもしれませんが(笑)。
たわむれにこの恰好で戦ってる時の
ティナの攻撃の掛け声にある「来ないで!」というセリフが妙にリアリティがあって笑いました。



優等生で冷静沈着なライト君(デスノートじゃないほうの)ですが、
EXモードが攻撃も防御も強化してしまうため、やたら強くて、
特に攻撃面の強化である、光の剣による追加攻撃のヒット数がやけに多くて、
クリティカルの数字の黄色さと相まって、画面を黄色く染め上げてくれます。
そしてあっという間にブレイク。
弱くはない&メインストーリーで優遇されている彼なのですが、
実質ディシディアオリジナルキャラに近いせいか、
まだまだ愛用者がコスモス陣営の中では少ないようです。
うーん、最近ではDQですら見ないくらいに正統派に勇者なのにー…。
敵役のガーランドも最近見ないほどのごつい甲冑に渋い声、と
痺れるくらいにかっこいいのですが、あんまり話を聞かないのが残念。
二人ともかっこいいので時々でいいから思い出してあげてください。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。