Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天使たちの抗い その0(DQ9)
2009年 07月 09日 (木) 02:20 | 編集
DQ9の発売もあと2日に迫ったので、
暇を見つけてはいろいろとキャラメイクを思案しております。

世界観を尊重するネーミングを心がけるとしたら、
やはりヨーロッパ風な感じになります。
従来作の登場キャラには、
ライアン(DQ4)やテリー(DQ6)ゼシカ(DQ8)あたりの
あちらではかなり一般的(たぶん)な名前のキャラも、多く見受けられるので
たとえば、
アラン、エリック、クレア、スミス
みたいな感じにすると妙にそれっぽくなります。
普通すぎて主役級抜きのパーティみたいですがっ。

ここまで書いといてあれですが、私はFF11の知人の名前を借りてやる予定です。
5文字制限なのでシャントットが入らないのでFF11NPCドリームチームの夢は潰えました;;

もしできたら攻撃魔法をきわめて、こんなセリフを脳内で流すのに。
「今のはメラゾーマではありませんわ。メラですことよ!」

アレ?大魔王シャントットになったぞ。


パーティはご存じのとおり4人までなのですが、
素直に4人育てるのではなく、
主人公と相棒的な存在のキャラを固定にして、
残りの2枠を4人ぐらいでぐるぐる回しながらやろうかと画策中です。
なんとなく4人じゃ足りない感じがして…。

恋人とか夫婦とかでそろって二人でやる人は、その相棒キャラを、
お互いのキャラメイクの情報を教え合って、同じ見た目にして、
それぞれ育てあってみるのも良いかもしれないなあー、って
なんでこんな痛恥ずかしいこと思いつくんだろ、私。
唯一の固定キャラにしてるあたりが
お前だけは特別!見たいな感じがひしひしと伝わってなんだか恥ずかしい。
まあ、私の場合はらいんとふらむさんとかそういう落ちなので
何も恥ずかしいことはないですけど(*'-')b
…さみしくなんかないっ!


もし、それを真似して、来年ぐらいになったころ、
古傷が痛むのでDQ9を起動できないとかになっても
私に当たらないでね( ̄ー ̄)
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。