Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
期待感と違和感(FF14)
2009年 08月 06日 (木) 02:17 | 編集
今週発売のファミ通からのリーク情報でFF14の新情報が一足先に明らかになりました。
ちらほらFF11のブログでも話題になっています。参考→無気力日記@FFXI

まず、FF14の種族の名前が公開になっています。
ヒューム
→ヒューラン
エルヴァーン
→エルゼン
タルタル
→ララフェル
ミスラ
→ミコッテ
ガルカ
→ルガディン

全体的に語感が似せている感じがします。
タルタル→ララフェルだけちょっと違いますが…。
エルヴァーンとか下手したら略称変わらないんですが(笑)。
肌の色がエディット項目にあるので、
全体的に浅黒いor褐色に近かったエルヴァーンやタルタル、ミスラも肌を白くできるらしい。
実際に載っていたミコッテは透けるように白い肌で精霊の使いのような神々しさを感じます。
11のミスラの魅力といえば野性的な色気なのですが、こういうのもいいなー…。

タルタル→ララフェルはちょっと頭身が上がって上半身がスリムに。
どことなくFFクリスタルクロニクルのリルティを連想させる体型になりました。
最初は賛否両論なんだろうけど、結局慣れるんだろうなあ。


さて種族の公開のみでなくシステム面でも新情報が。
これについては長くなるなのでたたみます。
FF11のジョブシステムに代わるFF14のシステムは
「アーマリーシステム」というものになるんだそうです。
Armoryという単語は武器庫という意味を持つのですが、これから来ているのでしょう。

さて、このアーマリーシステム、まず大きな枠組みとして
「ファイター」、「ソーサラー」、「クラフター」、「ギャザラー」の4つの「職能」があります。
さらにこの4つの職能にはいくつもの「クラス」が存在します。
ファイターなら「剣術士」や「弓術士」といった武器に特化したクラス、
ソーサラーなら「呪術師」や「幻術士」などの魔法を扱うクラス、
クラフターなら「鍛冶師」や「調理師」などの合成を得意とするクラス、
ギャザラーなら「園芸師」や「漁師」といった、採掘系に精通したクラス。
これらのクラスは装備した武器によって就けるものが変わってきます。
FF11のスキルがそのままクラスに変わったというのが一番近い表現でしょうか。
合成や採掘などの戦闘非特化系のクラスはよそのMMOでは割とあるのですが、
FFシリーズでここまでスポットライトが当たるのは初です。

マッチョな調理師が、最高のフルコースを求めて世界各地の秘境を巡る旅をする、
そんなジャンプ漫画の主人公のようなプレイも多分できます(笑)。


さてここまで書いてちょっと違和感が。
1.「ジョブ」ではなく「クラス」とした理由は?
2.ファイター、ソーサラーといったカテゴライズを付けた意味は?
3.「白魔道士」「ナイト」といったおなじみのジョブ名がない。

この辺の違和感について、妄想100%で考えてみます。
ここから先は完全に私の想像(むしろ創造)なのでうのみにせぬように。
むしろ1個でも当たってたら何かください。


1.「ジョブ」ではなく「クラス」とした理由は?
本来ジョブもクラスもほぼ同義語といっていい言葉なのですが、
FFシリーズではジョブにしっかり統一されています。
シリーズユーザーががっちり慣れ親しんだ要素なので、あえて外すには理由がいります。

ここでヒントになるのが「アーマリー=武器庫」ということです。
FF14の戦闘はFF11と違って複数の敵を同時に相手にするシーンが増えると、
先日のインタビューで明らかになっています。
物理攻撃一つをとっても
短剣や格闘武器のような小型武器と、
槍や両手剣のような攻撃範囲に優れた武器と、
弓や銃などの攻撃射程に優れた武器では明らかに運用方法が変わってくるでしょう。
これをあらかじめモグハウス的な場所で装備に合わせてクラスを選んで…、
ってファイターを職能にセットしたキャラでやったとしたら、
それ、今の戦士を不便にしただけだったりするんですよね。
これは明らかに不自然。


もし「武器庫」のイメージがモチーフにあるとするなら、
複数の武器をシーンに合わせて持ちかえるシステムに設計されるのが自然です。
そうであるとするなら、戦地でも比較的気軽に(ペナルティはあるでしょうが)変えられるので、
無条件に武器を使い分けるとちょっとアレなので、
熟練度的な意味でクラスに分けたんじゃないかなあ、と私は考えます。
これだとジョブに対するユーザーのイメージとちょっと違ってくるのではないでしょうか?
なので「クラス」という違った単語を使った、と考えるとしっくりきます。

もっとも、未発表のほかの要素としてジョブがある可能性は捨てきれないのですがー…。



2.ファイター、ソーサラーといった職能のカテゴライズを付けた意味は?
1の続き。
クラスがプレイスタイルに大きく影響するのに対し、
職能のカテゴリーの存在意義はぱっと見、謎です。
ファイターの人は杖を装備してソーサラーに属するクラスになれない(なりにくいだけかも)
という制限があるという感じじゃないでしょうか。
防具も職能にあったものが装備できるような予感がします。


3.「白魔道士」「ナイト」といったおなじみのジョブ名がない。
一番違和感を持った点。
おなじみ過ぎてもはや「ケアル」「チョコボ」並みに変えづらい領域の言葉です。
たとえば同じように剣を持つジョブでも「ナイト」と「暗黒騎士」だと役割が全く違ってきますが、
今回のクラスではそのような役割を感じさせる単語を極力排してつけてる風に見えます。
(もし1の仮説が正しいなら、武器によって役割を分けるのはナンセンス)

その人その人のプレイスタイルを尊重するために色のついた単語を避けたのかもしれません。
アビリティや魔法をどのように取得するのか全く見当もつかないのですが、
自由度の高いキャラ育成を暗示しているのかもしれません。

白魔道士、ナイトの既存のジョブは
特定のアビリティを所持している人が名乗れる称号なのかも。
キャラの能力アップの自由度が高いとすぐにはその人が何ができるのかわかりにくいので、
何かしらの目安がないと結構不便な気がするし。
オフラインだと全部自分で把握できるので従来のFFでは問題にはならなかったのですが…。

これはなんか当たってそうだけどたぶん違うんだろうな(苦笑)。


そんな感じで妄想終わり。
なんだかんだ言いましたが、自由そうな予感で期待が高まりました。
トリコプレイに徹する猛者が出てくることを夢に見つつ、今日の長い日記を終わります。


※スペルミスを修正しました。
Comment
この記事へのコメント
Aromryってなんすか?
そんな単語ないと思いますが。
2009/ 08/ 06 (木) 04: 03: 07 | URL | waltz # -[ 編集 ]
スペルミス
Armoryですね
単純なスペルミスだと思いますよ
2009/ 08/ 06 (木) 07: 49: 38 | URL | no name # P2RZng9s[ 編集 ]
う、ご指摘の通りです。
waltzさん、名無しの方、ありがとうございます。そしてごめんなさい。
Aromry→Armory、です。
2009/ 08/ 06 (木) 09: 07: 02 | URL | Close # fmMB9P0I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。