Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉良ライトニング光彦 Vol.1(FF13)
2009年 12月 19日 (土) 13:04 | 編集
当たり前のように予約して買いました。
率直に言って斬新で綺麗で予想以上にいい感じです。
散々情報が出てた割には謎めいたイメージがあるこのゲーム、
さらっとやってみた感じを並べてみます。

・用語が難しそう
わかりにくさを逆手に取って進めてる感じがする。異世界感を強く感じさせるためのギミックというか。SF小説でやたらカタカナが出てくるのと同じかな。要所要所でさりげなくまとめてみたり、用語を調べられるようになっているので、気が向いたら調べてみるくらいで十分です。ファルシ・ルシがわかっていればあとはおのずとわかります。それですら、序盤にさりげなくまとめて説明してくれるシーンがありますし。

・バトルシステムがよくわからない
オプティマは作戦変更とジョブチェンジのようなものです。オプティマ自体はロールというジョブのようなものの組み合わせになっていて、セットごとに名前が付いています。(全パターンに名前が設定されているので結局好きなように組み合わせられます)要するに、攻撃系の作戦を出したらガンガン行こうぜ+全員戦士的なノリです。従来のゲームではターゲット絞って戦う連打とか、弱点属性を的確に突くことをゲーム性の中心に据えていましたが、このゲームでは、「攻め時」「守り時」を見極めてオプティマを変えまくるのが重要なようです。なので、何となくオプティマを切り替えていけば割と何とかなるという非常にファジーなシステムになっています。といっても決して難易度が低いわけではなく、むしろ従来のFFの20倍くらいゲームオーバーになります。その場でやり直しできるのでいろいろ試してみるべし。

・ブレイクについて教えて
FF7以降ゲージをためて必殺技というノリが長らくありましたが、13では逆転の発想で「敵にゲージを付けてみた」というのが根底にあるみたいです。具体的には攻撃を当て続けることで相手のガードが崩れ、ダメージが飛躍的に増えるシステムです。当て続けることでゲージが満タンになるとダメージが激増するブレイク状態になり、ゲージの下に書かれている倍率の補正がダメージにかかるほか、一部の技に特殊な効果が追加されます。逆に当ててないと徐々に減っていき、0になる前にあてると、再度(リセットされるまで赤色のバーでキープされているため結果的には減らない)増加し、0になるとゲージがリセットされてしまいます。先ほどのロールがブレイクゲージの溜まり方に大きく影響していて、アタッカーは溜めにくく減りにくい、ブラスターは溜めやすく減りやすいという特徴を持っています。アタッカーである程度ためて、ブラスターで一気にブレイクまで持っていくのが王道です。そこでオプティマを切り替えるという戦術が生まれるわけですね。

・シナリオはどんな感じ
序盤は全体的に暗い感じです。コクーン全体が敵にまわっていることもあって、セリフに悲壮感が滲んでいます。キャラクターそれぞれが精神的な脆さを感じさせる部分があるので、ヒーロー活劇ではないですね。(自称ヒーローはいますけど)特にサッズはいいキャラだと思う。
PS3になってハードの表現力が上がったせいか、微妙な表情の変化やしぐさでキャラクターが演技している感じ。なのでセリフは必要最低限に抑えられているので、ストーリーを理解するには行間を読み取る想像力がいるかもしれません。普段の何げない会話はイベント等でストップされずに移動中に聞けるようになっているので、イベントシーンの長さの割にはよくシナリオが進む気がします。あと、言うまでもないのですがムービーは文句なしにきれいです。

・そういえば「光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士」って?
謎の触れ込みですよね。作中にもある通りライトニングは普通の軍人なので、光速でも騎士でもありません。ライトニング自体は電撃という意味なので、そこから無理やり引っ張れば光速にならなくもないですが…。強いて言うならオーディーン呼んでドライビングモード発動した時にそれっぽく見えるかなというくらい。重力を操ること自体は正しいですが、そういう機械を使っているだけなのであの世界の軍人や兵士にとっては、とりたててすごい技術ではないです。
ほんとあれはいったい何だったんだろう。


気になったら買いで大丈夫だと思う。初回版にはPS3版FF14βの応募に必要なコードもあるし。

ということで宣伝したので、スクエニさんβ当選させてください。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。