Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
限界3ふたたびの日 ~ベドー編~
2007年 01月 17日 (水) 23:21 | 編集
そろそろLvも60近くなってきたので、限界3に挑戦。
都合8回目の限界突破。いい加減めんどくさく(以下略)。
Maat師匠から、獣人拠点の最深部の踏破を課題として出され、
まずはガメラ好きにはたまらないかもしれない、
2足歩行亀の総本山、ベドーへ。


あちこちに亀、かめ、カメ、時々羊や魚、そして亀。
ギャオス風の鳥がいないのが非常に悔やまれます。



そんなことをぶつぶつつぶやきながら最深部クゥルンに到着。
Lin070116194025a.jpg
お偉い方のルビーさん(画面左)が入ってすぐの部屋でお出迎えは想定外でした。
聴覚感知(見破り)で死角がないから、これは怖すぎる。しかも部屋狭いし。
奥に支店長クラスが引っ込んでるトカゲ人間のアジトとは訳が違います。
地図と石碑で有名なグィンハム・アイアンハートが
丁重にもてなされたと伝え聞いておりましたが、ここまで丁寧に出迎えられるとは…。


入り口で遠巻きに眺め、
ルビーさんが席をはずしたときにコソコソと潜入。
剣と魔法のフルコース(ルビーだけにジョブは赤)を提供しておられるようでしたが、
今回は見送らせてもらいました。



高級中華料理屋のように重厚な扉をくぐりぬけたさきは、
歴戦のでかい亀の溜まり場。注文の多い冒険者のレストラン。
あらゆる殺害手段を取り揃え、来店者を今か今かと待っていました。
ずいぶん前に来た時は片手棍で荒々しくミンチにされたような記憶があります。


あれからバージョンアップで簡単な場所に???が移動して結構楽になりました。
【タルタル】【肉料理】にならずに楽々ゲット。
Lin070116194451a.jpg


むう、ちょっとぬるくなったかなぁ。
腕利きの獣人料理人に料理されるのが醍醐味のクエだったのに。
昔、金ぴかのオークに刺し殺された時なんか恍惚の表情で死にました。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。