Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑多な語りの日
2007年 01月 31日 (水) 22:47 | 編集
うちのブログに関わるともれなくこんな呪いが。
「Lv75にならない」で検索したのに、Lv75になっている人がたくさん引っかかるのは何故。
プログラミングの傍らでこんなアホな検索して一人悦に入ってました。
真面目に作業しろ、私。



そういえば今日でFF7、10周年だったりします。
本当にあのゲームは衝撃的でした。
今でもFF11の私の両手剣にもマテリアがはめられるといいのに、
と、毎日思うくらいに衝撃的。
穴があいてないか、毎日点検しております。
何度もにらんでたら、ほんとに穴があくんじゃないかとも思っています。
すぐに出なくてもいいからリメイクしてほしいゲームです。
にらんでたらリメイクもしてくれるのかな。

同級生であるFFTもそろそろ10周年でそれを記念してPSPでリメイクされるそうですが、
こちらも大好物なので楽しみです。
そのためだけにPSPを買うつもりだったりして。
イヴァリース物はいいのです、ただそれだけで既に十分に。





FF11から話題がそれたので、話をFF11に。
Odinのほうでまたサポアイテムとってました。
言うまでもなくOdinのアトルガンの地を踏む為に。

ブブリムでマウラ3点セットとサレコウベ、
バルクルムではふんどしとガガンボをゲット。
ソロでやってのけたので、結構デンジャラスかつスリリングな場面が。
30過ぎだと、ボギーとか身の危険を感じました。
物理アタッカーだと多分無理ですね、まだ。

次はカザムパスのゲットに行ってきます。
Comment
この記事へのコメント
FF7が10周年とは・・・。
時の流れの速さを感じてしまいますねぇ。
リメイク版・復刻版が大流行ですが、プレステのFF7をプレイしてた時はまだ学生でした。
ハードの性能を生かしたフルポリゴンの映像に当時は感動しましたねぇ。
2007/ 02/ 01 (木) 01: 03: 20 | URL | へるしー # 0iyVDi8M[ 編集 ]
FF7は名作ですよね!!
アタシもリメイク待ち望んでる人間のひとりですっ。
PS3のムービーで、FF7のオープニングムービーをリメイクしてたので、PS3で出るんじゃないかと期待してます。
あ、でもPS3買わないとヽ(´д`;)ノ

FFTも楽しみ~♪

なんとか睨みで穴開けがんばってくださいw
2007/ 02/ 02 (金) 08: 27: 30 | URL | りる # HtnrlDSA[ 編集 ]
>へるしーさん
見事に呪いに巻き込んでえらいすみません(笑)。
10年ひと昔とは言いますが、
ユーザーの間ではFF7は
未だに輝きを失っていない気がします。
そんな10年間のうちの半分は
FF11を傍らに過ごしているのもまた不思議。
なお、私は10年前は生まれてませ(コラ)。




>りるさん
こちらでは始めまして~。
PS3のデモでFF7のムービーをやったのは、
「一番完成形をイメージしやすいから」とか
開発の人が言ってましたが、
実はリメイクを水面下で模索中だからと邪推しております。
PS3が安くなるようにソニーもにらみつけていなければ。

10年前のあの年はほんとにFFの当たり年というか、
FFというゲームが社会現象を巻き起こす力を得た年だったような気がします。
未だに好きなままってすごいですよね。それも2本両方とも。

あと剣に穴があいたら報告いたします。
2007/ 02/ 02 (金) 22: 32: 14 | URL | Close # fmMB9P0I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
FF7『ファイナルファンタジーVII』(-セブン、''FINAL FANTASY VII''、略称:FFVII) は、日本国内で1997年1月31日にスクウェア (ゲーム会社)|スクウェア(現:スクウェア・エニックス)より発売されたプレイステーション用コンピュータRPG|RPG。ファイナル
2007/02/28(水) 10:17:59 | mizuhoの記録
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。