Ramuh風Lv75になれない日記
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オメガになるものの日
2009年 09月 26日 (土) 17:46 | 編集
FFのミッションで最高難度を誇るといわれる
PM「畏れよ、我を」に挑戦してきました。
FF11で恐怖の3連戦というともれなくこれを指します。

攻略等はここが詳しいです。(ネタばれ注意)

メンバーは、ナ狩赤白黒青(←私)。
図らずもナイトと全色魔道士+狩人(レンジャー)の戦隊物PTとなりました。
Lin090923204248a.jpg
最初のマメット6体はからまれマラソン方式で撃破。
からまれ役はナイトさん、そして引き抜きはもちろんわれらがグリーン(狩)。

「初戦は様子見で」という大方の予想に反してあっさりカタがついてしまったので、
さらりとオメガに挑むことになりました。
Lin090923205218a.jpg

オメガで厄介なのが、
前方大ダメージのガイテッドミサイルと瀕死ヘイトリセットのパイルピッチで、
HP半分を切ると連発してくるのと相まって
盾瀕死→即範囲で盾即死、後衛集中攻撃の最悪のパターンで速攻崩されることも多いので、
CCBポリマー剤で特殊技を抑え込むのが重要です。
ちなみにFF5のオメガと形状が酷似してて、シリーズファンには感慨深いものがあります。
5は魔法剣サンダガ二刀流乱れ撃ちに対して弱いのに対し、
11ではスタン(※よくよく考えたら雷属性)でかなり抑え込めます。
私もヘッドバットで必死で特殊技止めにかかってましたが、
総じて発動が早いので、何も考えずに連打のほうがよかったのかもしれません。

やはりオメガは強かったです。
パイルピッチから崩され1回全滅して立て直す羽目になりました。
残り2割を立て直した後に削りきり、次へ。

Lin090923211555a.jpg
3戦目。シリーズファンにはおなじみ、アルテマウェポン。
オメガほど凶悪な攻撃はないものの、全体的にダメージが高い技が多いのでやっぱり強い。
とはいえ、CCBポリマー剤2つを温存しておいたので危なげなく勝利できました。

そんな感じで一発勝利。ポリマー剤6つがすべてだった気もします(苦笑)。
弱体アイテムとしてポリマー剤が認知されてなかった先行者達の苦労はいかばかりか…。
初期のPMがFF史上最凶のシナリオだと
叩かれる(たまに褒められる)理由がよくわかった気がします。

そんなこんなでこんな私もそろそろ海に行けそうな感じになってきました。
ランペールの墓でお弁当を食べた日
2009年 07月 06日 (月) 01:25 | 編集
「お前頭の中お花畑だろ」と言われても否定しません。
kaiwa20090705.jpg

アレクのネコのサンドM1-2のランペールの墓にて。
ちなみにロシュフォーニュはイベントで来ます。
こんなんに優しく対応してくれるべるさんは大人の女性(*ノノ)

べるさんがログアウトしたので、しばしぼーっとしてます。
コウモリが出ない昼さがり、
しばし木々をすり抜ける心地よい風と木洩れ日に抱かれながら、
太古の英霊への冒涜行為を続けていると、
Clo090705175314a.jpg
ポツンとヒュム♀さんが立っています。
話しかけてみるとこの方もコウモリが出なくて困っている模様。

弁当の漬物をお茶うけにポツリポツリ会話をしていたら、
夕闇の帳がおりて、コウモリがわいたので、コウモリ退治再開です。

意外にドロップが悪いので10数匹倒したあたりで何とか目的のアイテムをゲット。
が、ヒュム♀さんが墓の奥に行って死んじゃってました。
そうそう、あの奥すごく強いんだよね。
知らないと入っちゃうよね。コウモリとかいそうだし。

「一発でやられました」

恨み事を口にすることなく屈託ない様子で、サンドから向かってくる彼女。
結局彼女はまた日を改めることとなりました。


帰り際の私に、彼女はフレンド登録を申し出てくれました。
もちろん喜んでお受けしました。
記憶の底に張り付いてたものがふわっと浮き上がるような
なんだかすごく懐かしい気持ち。
ああ、そうだ、こういうの昔にあったよね。
みっつの道終焉の日
2009年 06月 11日 (木) 00:44 | 編集
unknown!.jpg
unknownな世界にうちのフレンドが旅立ってしまいました。

拝啓。
エオルゼアは綺麗ですか?      敬具。

※たぶんBahamutです。


すっかり受けてから1年半くらいがたとうとしているPMみっつの道。
ようやくクリアしてきました。

対罪狩りミスラ3人はフリーズ2発からラッシュで一気に倒す戦術でいきました。
私はナイトでの出勤でした。
印スリプガ→一人倒して全滅→復活して立て直して残り二人という流れ。
1人はエヴィやらシャークやらダンスやら私に打ち込んでくるんですが、
50制限とかお前そもそも獣使いだろう、とかいろいろと突っ込んでやりたいことが山積みです。
ちなみに一回ダンス→ペンタで重力連携くらって即死しました。

スノールBCもナイトで出動。
インビンシブル→挑発→塩で時間稼ぎ→センチネル→フラッシュ→信じて待つ
という流れの作戦。
アタッカー部隊はフレアだのスラッグだの乱れだのを徹底的に打ち込みます。

が、塩使ってちょっとしたあたりで
インビンシブル突き破って1000越えのダメージをくらって即死しました(´_`。)
魔法攻撃はだめだってば!
それでもアタッカー部隊がぼろぼろになりながら勝利を勝ち取ってくれたので、
呪縛のようにのしかかってた長いみっつの道もようやく終わり。
てかまたふらむさんでやるんだろうなあ、これ。

次はアルテマオメガです。
泣かないように頑張ります;;
またまたまたプロミヴォンの日
2009年 05月 31日 (日) 23:49 | 編集
Fra090517183826a.jpg
兵どもが夢の跡。


やっぱりここ苦手です。


最初、プロミヴォンという場所の恐ろしさをすっかり忘れたまま5人でBCに突入したら、
残り2割で雑魚軍団に袋叩き+HP吸収で各個撃破されてこんな有様でした。


後日、メンバーの提案により、狩人部隊が結成され、
ホーリーボルトの十字砲火であっさりクリアしてしまいました。
局地的に強いよね、狩人。


SSは取り損ねたので、その様子はこちらで見ていただければ(笑)。
彼のポストにギルを送っていただければ幸いです。(Lv75の所持金とは思えない)


そんなわけで無事到着!
すでにCloseのPMより進んでるんですが…。
Fra090524225744a.jpg

お手伝いの皆様、本当にお疲れ様でした_(._.)_
ボクの記憶を空へあずけに行くよ……
2008年 12月 08日 (月) 01:11 | 編集
今更かよ、といわれそうですが…。
≫ "ボクの記憶を空へあずけに行くよ……" の続きを読む...
copyright (C) Ramuh風Lv75になれない日記 all rights reserved.
designed by polepole... and arranged by Close a little bit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。